356386_8398

ケインさんの予知夢もまとめだして12記事目になりました。
ケインさんという人を通じて予知夢以外にも様々な出来事を共有してきて、辛い現実に向き合う出来事もありました。
ただ、ケインさんに惹かれてここに来てくれている方は、ケインさんに出会って何か変わったこともあるんじゃないかなと思います。
管理人がそうなので。
予知夢とは、未来なのか?現実なのか?それとも過去なのか?何を伝えてくれるのか?改めてこの偶然(必然?)に感謝したいと思います。


2015年04月12日02:04
カテゴリへんな夢
太平洋の遥か南方からの脱出
こんな夜中に夢で目が覚めた、嫌な夢だった。
嫌な夢を見ると必ず夜中に目が覚め、脳が覚醒して眠れなくなる。

自分が旅行か仕事か判らないが、太平洋の南方の国に居たのだが、
一刻も早く日本へ戻らないとマズイぞ!」と誰かが叫んだので、
身の回りの物を慌ててかばんに詰め込み、港に向う。
横浜港行きの高速客船に、他の慌てる邦人らと共に乗り込んだ。
太平洋上を航行中、マグロらしき大群も併走して日本の方向に向っている。
この光景を見て、今年日本近海でマグロが大漁になるだろう、と思えた。
たぶん我々と同じく、何らかの必要性を感じて日本に向うのだろうと思えた。
マグロ達も、今は日本に向った方が無難という事なのか?
それとも小魚の群れが日本に向うので、それを追っているのだろうか?
自分も、何故慌てて日本に向っているのだろう?と疑問を抱いているが、
あの誰かの叫びが、一刻も早く日本に帰る必要性を感じさせたのだろう。
マグロの大群と共に。



2015年04月15日22:14
崇高なるからの夢
御内裏さまと思う

姿も言葉も無いが、意識に伝えられたような感じがした。
最近、報道された蔵王と活動の活発化を危惧される山々の事だが、
収束するよう尽力されている。
このままでは温泉も観光も低迷してしまい、それらの仕事に携わる人々が
困っているのを見過ごせない。
今年初めに、東北観光や温泉への夢を見せられた時と同じ感覚だ。
再び何の心配も無く、観光、温泉が楽しめるように戻すと。
マスコミや一部の人達が騒げば騒ぐほど阻止への力が強まっている。
まーくんの件で沈みがちな自分の気持ちを察したかのように、
御内裏さまが語り掛ける時と同じ感覚とやさしさを感じる。
自分が早く心の平静を取り戻すようにと。
そして、心の痛みと消沈した気持ちは随分和らいだ。
何故だか判らないが、まだ自分の前に現れる事が出来ないようだが、
姿、言葉無くとも、不安を払拭するように心に伝えてきたと思える。
まーくんに対する気持ちの葛藤が和らいだのは、御内裏さまからの
気遣い、心遣いと思える


2015年04月24日22:38
崇高なるからの夢
信濃川から出て大陸に向う
再び、軍神がちくま川上流に居座っている光景だったが、
軍神と目が合った途端、突如意識だけが、周りの景色も判らないほどの速さで
川を下り進み続ける。
水面ギリギリ上から前方を見る様な視点で、まるで映像の早送りのような感じで、 くねくねと激しく左右に振り廻され続ける。
あまりの高速と目がまわるような激しさで、酔ったような気持ち悪さを感じる。
そして突然川が行き止まり、意識はピタッとそこで止まる。
堤防沿いの看板に、一級河川・信濃川と書かれている。
それを確認したと同時に再び進み出し、地下水路?から川に出るがすぐに海に飛び出た。
海の上も猛スピードで進み前方に大陸が見えてくる。
途中、左側を大きな島が通り過ぎたから、見えてくる大陸はロシア極東方面だと思った。
そして、波が激しく打ちつける断崖絶壁に衝突する直前に目覚めた。

今日は一日中、体が重くてだるい、時々眠気も出てきて仕事に支障も出た。
社内の自販機で缶コーヒーを何度飲んでもすっきりしなかった。
夢なのに疲れ果てて、相当エネルギーを使った感じがした。
金縛り後には体調も良くなり、気分も高揚してたのに、この落差は何だろう?

→信濃川(しなのがわ)は、新潟県および長野県を流れる一級河川

新潟市街を流れる信濃川
出典:ja.wikipedia.org


2015年04月27日23:17
へんな夢
帰宅後に頭痛

夕食後、突然首筋から痛み出し、頭痛も酷くなり鎮痛剤を服用した。
その後、薬の影響で少し眠っていたようだ。

遠くの地を訪れていて、ここは架線のないローカル線の無人駅。
二両編成のディーゼルの鉄道車両に乗り込むが、
線路の先の方を眺めると、まるでジェットコースターのような急勾配、
高低差が大きく、曲がりくねっている。
そして、自分が仰け反るような加速で激しく走り出した。
耐えられない程に上下左右に揺さぶられ、振り落とされないように
シートにしがみ付く。
気分も悪くなった所で終着駅に着いたが、自分が無事だった事に安心する。
ホームに降りると呼吸音が聞こえてくるが、そこで目覚めた。

目覚めてからも呼吸音は続いていて、部屋のドアを開けるとやっくんが居る。


2015年04月29日22:29
崇高なるからの夢
軍神怒る
夜中やっくんに起こされ、明け方に寝れたのだが目覚めが悪く一日疲労感に。

森から通じる渓谷によじ登り、対岸を覗いた。
軍神が立ち上がり、岩を蹴り怒っている様子が見える。
大岩が粉々に砕け散る光景を見て震えが来た。
余程の事では動じないと自信のある自分が震えた。
自分は遠巻きにそれを見ているが、掛ける言葉も無い。
自分の姿を見つけると物凄い形相で声を掛けてきた。
「お前以外に言った覚えは一度たりとも無いぞ、嘘に惑わされる者共め」と。
沈黙の後「それならば動かす、それで意味が判るだろう」と言う。
自分が、「まあ待ってくださいよ、勘弁してくださいよ、何をお怒りでしょうか?」と聞く。
軍神は、自分の目を瞬きもせず睨みつけてから背を向けた途端、
濃霧が立ちこめ姿が見えなくなった。
渓谷の底を見ると、川の水位が異常な程少なく歩いて渡れそうだったので、
急いで向こう岸に渡り、岩をよじ登り軍神を探すが見当たらない。
濃霧はすでに消えていた。

後味が悪く目覚めがとても悪い、自分にも反省すべき点があるのだろうか?
再び首筋が痛み出し、歯まで痛み出し、何もかも嫌な気分になってきた。
もう御内裏さまも、おかっぱも、軍神も自分の前から去るのだろうか?
自分も去れという事なのか?

起きると、やっくんと同じ模様のちびが部屋の前で鳴きまくる。
ドアを開けると飛び込んできて、自分の布団の上に横たわる。
見ると片耳が変な感じで曲がっていて、三角の耳がぎょうざのように腫れている、
家族に伝えると、すぐに獣医に予約の電話を入れていた。
休日だが、通う獣医には頻繁に御世話になっているから、
先生が在宅で、出かける用事がなければ大抵は診てくれる。
ちびは夕方帰ってきたそうだが、耳は元に戻っていた。
耳に溜まった血と水を注射器で何度も抜き、抗生物質を注射そして点滴。
ワクチン類は他の猫共々、事前に打っているので、原因は病気ではなく、
他の猫に耳を噛まれて化膿し、朝までに大きく腫れあがったとの事。
ちびの耳を噛んだ猫はわからないが、最近の凶暴さを見せる行動から
やっくんの可能性もある。
家で一番大きく強いと思っていた猫を、やっくんが追い回すそうだ。
とても嫌な夢と、この現実には本当に参った。

怪我をする前のちび
出典:blog.livedoor.jp/nekokein/

怪我をする前のちび


2015年04月30日21:55
へんな夢
まーくん?
自分に猫が甘えてきたので抱き上げた。
黒い猫だったのに、序々に毛色が薄くなり模様が付いてきた。
まーくんに似た感じの猫に変わりつつある、これは夢なんだと気付いた。
しかし、夢でもまーくんを抱けたと思えれば良しとした。
はっきりとした姿までには至らず、ぼんやりとした姿のままで。
僅かな時間だったが、やはり夢だった。

軍神が怒る夢と、ちびの怪我で本当にうんざりして参っていた。
だから、明け方に夢に現れてくれたのだと思えた。
おかっぱも、心配するなよと言ってるように感じた。


2015年05月04日11:25
へんな夢
サバを食べる時期ではない
前にも見覚えのある相模湾沿いの風景、遠くに大島と他の島々。
漁船が多く係留されている漁港を歩いている。
魚でも買って帰ろうかと思って、漁師から直接買う為に声を掛ける。
しかし、どの漁師も今は売る魚は無いと言う。
不漁なのかGWで休漁中なのかな?と思っていると、目の前に突然、
色あせて擦り切れた服で、時代劇の旅人のような笠をかぶったおじさんが現れた。
「今は、サバを食べる時期ではありませんよ、寒くなるまで待ちなさい」と言う。
自分の横を通り過ぎて行くが、振り返ると忽然と姿を消していた。
そしたら、少し先で生きた魚を漁船のいけすに入れている漁師が居たので、
魚を売って欲しいと言うと、このサバは産卵前だったから海に戻すと言う。
「今、産卵前のは相当数来てるから、冬には大漁で安く買えるから」と。
産卵前だからと聞いたので妙に納得した。
仕方が無いから、冬までサバ缶で我慢だな、と思った。
今は、サバを獲らないから漁船もこんなに港に居るんだと納得した。
でも他の魚の網に産卵前のサバが入っていたから、沖には群れが来てるんだと思った。


2015年05月05日19:03
へんな夢
火山、地震の特集
最近、報道番組やニュースで火山、地震についての特集組んでいて、
もういいよ、そればかりと思っていたが、報道番組、ニュースを見ていれば
嫌でも目に入る状況。
昼頃から、今日の南方での地震のニュースも加わり、箱根に絡めている。
夕方うたた寝する直前まで、御内裏さま、軍神らに対して実際どうなんだ?
判るのなら教えてくれよ、と思いつつ、休みも終盤な事もあり少しイライラしていた。

日本列島と周辺地域が眼下に広がるが、大きな写真を見ているのか、
上空から見ているかは、ぼんやりとした感覚で判らない。
危険な場所を知りたかったので「どこだ」と意識した。
すると、関東から近畿までの太平洋上に、曲がりくねったこげ茶色のライン、
近畿から九州までの洋上は曲がりくねった黒色ラインだが、
四国と九州の間だけが、短いこげ茶色のライン、
ロシア、極東地域に小さく赤色の丸、樺太北部に小さいオレンジ色の丸が現れる。
この色のついた部分は危険だと理解できたが、色の意味を考えたら、
赤、オレンジ、茶、黒、無色の順なんだと思える。

報道番組で情報を擦り込まれたからこんな夢を見たのか、
御内裏さま、軍神からの回答なのかは判らない。
だから単なるへんな夢なのかもしれない。


2015年05月08日00:39
へんな夢
ネビュラからの使者なのか
勤務先で仕事中、自分の事を他の従業員に尋ねている会話が聞こえてきた。
少し離れた物陰から様子を伺うと、その人物は、白い大きな襟の付いた
パイロット風の茶色いジャンパーを着た男で、黒髪リーゼントの日系人のような風貌、
日本人の顔だが、何となく外国人の雰囲気がある。
その男は、15分の制限時間内に見つけるようにと、二人の部下?に指示を出していたが、
その二人も、人間では無いような感情を待たない雰囲気だった。
絶対に見つかってはいけない感じがしたので身を隠し、15分が過ぎた。
自分は、もう大丈夫だと判断しその男の前に出た。
男は「時間切れだから諦める」と自分に言うが、「折角だから見せてあげるよ」と、
勤務先の建屋に横付けされた、巨大な長方形の二階建てコンテナのような乗り物の中を案内する。
一階は空っぽで中は大きな貨物室のようだった。
二階には外板に取り付けられた突起状のはしごで昇り、入り口付近から中を覗いた。
中には十数人の海賊船の船員のような雰囲気の男達が、大きなテーブルの上で
賭け事のような事をしてくつろいでいる。
リーゼントの男が、「さあ、もっと中に入って」と自分を誘うが、
壁に片手をかざしている事に不自然な何かを感じ、警戒感を抱いた。
「罠だ!」と耳もとで誰かが囁いたので、とっさに飛び降りたが、
外に飛び出すと同時に、男が壁を押す仕草が見えた。
自分が地面に着地するより先に、そのコンテナ状の乗り物が物凄い速さで垂直上昇し、
瞬時に光る点となって空の彼方に消えた。
危なかった、間一髪で連れ去られるところだったと胸を撫で下ろした。
彼らが強引に自分を連れ去る事は出来ないが、自分から乗り込んだのであれば文句は言えない。
何となくだが、上空のネビュラからの使者だったように思えた。
しかし、ネビュラの姿は上空には無かった。
リーゼントの男に、邪悪な気配は全く無く身近な存在にも感じた。
寝ると同時に見た全く意味不明のへんな夢、おかげで夜中眠れなくなった。
そして今、左脚のふくらはぎが突然攣って痛い。

→フライトジャケット(flight jacket)とは、航空機に搭乗するパイロットおよびクルーが着用する上衣(ジャケット)、Bで始まるモデルは、「ボマージャケット」とも呼ばれる
B-3(羊革・毛皮製)



2015年05月09日00:01
カテゴリへんな夢
おかっぱとは断定できないが
「あ~あ、何とか抜けたし風穴も空けたよ、うちわで扇いでおいたよ」
「これであいつらにはがっかりしてもらうからね」
「でもはらがへって死んじゃうよ、でもくたびれたからまずはひと眠りするから」

へんな独り事が聞こえてきた。

おかっぱなのか?と思うような話し口調、内容、でも声が違う。
過酷な行動を続けていたようなので、声変わりしてるのか。
しかし、自分が何かに騙されてる可能性も否定できない。
先日の、少年期以来の金縛りの具体的な原因も解らない。
空の彼方に連れ去られそうになった夢も気になる。
この前、軍神が惑わされる事に凄い怒っていたから。
今度軍神が現れたら、この声の主がおかっぱなのか聞いてみる。
声だけでなく姿を見せてくれないと断定も出来ない。
でも、食べる事よりもまず眠りたいと言うのだから、姿を現わさないのかも。

これが本当におかっぱの言葉ならば、全て懸念は今後収束に向うのだろうが。
おかっぱだけでは、限られた範囲だけで精一杯なのだろうが。


2015年05月09日10:31
カテゴリ私見、その他
トヨタとフォルクスワーゲン
報道番組で、14年度の世界販売数でトヨタがフォルクスワーゲンに抜かれた原因を
評論家が持論展開してた。
経営戦略的な問題だとも述べていた。
自分は、トヨタは車種ばかり増やしすぎ、デザインも機能重視というよりも、
見栄えと、富裕層好みのゴージャス路線重視が敗因だと思う。

自分はモトクロス時代、マシンデザインが機能重視にどんどん進化していく
時代だったので何となく判る。
体重移動、姿勢変化がしやすいデザイン、転倒時のマシンダメージを最小限にするデザイン、
空気力学的デザイン、マシン重心を中心に集めるデザイン等、考えつくされている。
自分が現役時代に変革が起きたのは、アメリカのスーパークロスと言う競技に
参加していた全ての二輪メーカーが、これに特化したからだと思う。
興行で成功した、より高く、より遠く、よりトリッキーにとエスカレートした競技。
世界GPに於いて劣勢だったホンダが、スーパークロスの中堅選手をヨーロッパでの
販売促進と、話題作りでスポット参戦させたが、世界では無名の選手が
2ヒートとも圧倒的な差で完全優勝した頃から意識が変わった。
それまでは、マシンの動力性能、スペック重視だったが、
マシンを扱うライダーのパフォーマンスを最大限に引き出す設計に、
最高出力よりも、レスポンス、リニア、トラクションを得る出力特性重視になっていった。

最新モトクロッサーを見て、自分が最後に乗ったマシンから20年以上経つのに、
大きく構造(エンジンは2サイクルから4サイクルになっていた)、デザインが
それ程変化してない事に驚いた。
つまりレースに特化し、機能重視で熟成されたのならば大きく変化する必要も無い、
極端な変化で、他メーカーより能力が落ちる可能性が少しでもあるのならば、
それは避けるというか、今のところ現状を大きく超える革新的なもの
が無いのだろうと思えた、だから自分はトヨタのニュースを観て、
昔の自分の経験からそう感じたし、運転する人間よりも、車を外から見た
感覚、視点での車作りの差だと思えた。
最近の安全への取り組みは素晴らしいが、今やそれは当たり前の事であり、
トヨタと、フォルクスワーゲンの差は違う所にあると思える。

フォルクスワーゲンは車種構成がトヨタよりも圧倒的に少ない、
デザイン的に他メーカのような冒険を避け、地味な感じがして真面目なイメージ。
多くの人間が見て中間的な部分を狙ってデザイン、企画しているような気がする。
世界中の自動車メーカーは、富裕層に特化するメーカー、
貧困層に特化するメーカー、中間層に特化するメーカーも存在している。
トヨタは全てをカバーしようとしているようだが、フォルクスワーゲンは、
その顧客層の、アンダーとトップの両端を排除した部分を狙ってるような気がする。
それが好業績の要因と思う。
日本やアメリカ市場では、値段の割りに、押しが強くゴージャスに見える車が
売れるのだろう、つまりトヨタが好調な国だろう。
世界全体の意識がフォルクスワーゲン的な嗜好に変化してるのかな。


2015年05月10日00:51
カテゴリ私見、その他
二箇所の赤い点で思う
日露戦争時、旅順での戦いで壊滅状態のロシア太平洋艦隊の増援として、
ウラジオストクに向かって航行中のバルチック艦隊は、日本海海戦に於いて、
日本海軍の連合艦隊にほぼ全滅させられ、その後ロシアと停戦協定を結び、
後に日ソ不可侵条約を結んだ。
北樺太は、その停戦条件で日本領とする事にロシアは合意した。
しかし、太平洋戦争の降伏直前に日ソ不可侵条約を破棄し、
一方的に攻め入り、樺太全部と北方領土を奪った。

夢で、千曲川から信濃川までを目にも止まらぬ速さで下り、
海を渡りロシア付近と思われる陸地に到達した事と、
別の日の夢で、上空から見た日本とその周辺、そして二箇所の赤い点。
それはウラジオストクと日露戦争時以前からのロシア領、北樺太だと気付いた。
その二箇所は完全なるロシア領だ、南樺太は日本領となっていたので、
赤い点は、北樺太の太平洋沿岸に示されていたのだろう。

日本から不合理に奪ったしっぺ返しが、忘れた頃に訪れるという事なのだろう。
バルチック艦隊の動向が掴めず、作戦変更を検討していた日本海軍連合艦隊に、
艦隊の排煙と、離れて航行中のロシア海軍の病院船を発見したのは、
貨客船に擬装された巡洋艦信濃丸。
夜間に闇に紛れて追跡し、確信を得た信濃丸からの一報により、
バルチック艦隊に対する充分な準備と、作戦で勝利する事となる。
ウラジオストクと日本海を隔てて向かい合う位置にある信濃の国、
そこから命名された信濃丸に発見されたのも奇妙な偶然。
そして、バルチック艦隊はウラジオストクに辿り着く事は出来なかった。

今後、日本とロシアに振り分ける選択があったとして、この赤い二点
が全てロシア領とされた、つまり決定されたのだと思う。
それでフィフティフィフティ、前回は日本は奪われた側、次のお返しも平等に行く。

ドイツ、イタリア、日本に対する戦勝記念行事、ロシアだけは日本に対して
戦勝を掲げる事は許されない、御内裏さま、軍神達の強い怒りを感じた。


2015年05月11日23:07
カテゴリへんな夢
夢の中で夢を見る
会社に出勤すると朝から皆が集まり騒いでいる。
何かあったのか?と、その場に行くと機械が大きく破損し、通路を塞いでいる。
修復不可能な酷い状態で、「何が原因だろう本当に困ったな」と悩んでいる。
はっ、と目を覚ますと自分はベットの上で寝ていた。
「なんだ、夢だったのか?」と安心していると、ガタガタと部屋が揺れ出し、
揺れは次第に大きくなっていく。
ニュースで箱根の火山性地震を頻繁に取り上げていたから、
箱根が噴火でもして地震も同時に起きたのかと思った。
揺れが続いていて、起き上がろうとしたが金縛り状態になった。
事前に頭に入れておいた金縛りの解き方は鮮明に覚えていた。
冷静に一つ一つ順を追って試すが何故か解けない、
同じ事を、冷静さを保つように心掛けて試すが全く解けない。
やけくそになって、大声出しながら力任せに体をねじっていたら解けた。
揺れの感覚はまだ残っていて、自分の体だけが揺れているような感覚。
しかし、部屋の中は何事も無かったように静まり返っている。
テレビをつけるが、地震速報は全く出なかった。
さっきの地震も夢だったと気付いた、夢の中の夢だったのだ。
このへんな夢、へんな現象に心当たりがある。
実は寝る前に、「まーくんに会いたい、幽霊でもいいから自分の前に
現れてくれ、怖いとも思わないから平気だよ」と語りかけていた。
そういえば前回の金縛りの時も、同じ言葉を語りかけてから寝ていた。


2015年05月13日21:37
カテゴリ私見、その他
その必要ない
安倍総理は日韓首脳会談を無理して設定する必要は無い。
あちらが日本を未だ敵国のような感覚で捉えている現状では。

日本には、優先すべき案件が他にあるとの態度を強く示し、
まずロシアとの首脳会談が最優先課題であると、公の場で述べればよい。

自分の感覚ではあるが、実は今とても強い日本の強運を感じる、
再び神風が吹くような感がある。
アメリカには、ロシアへのウクライナ問題による経済制裁とは別問題であり、
日露の長年の戦後問題の解決の為に必要な事だと、納得させるように努力すべき。

そして、何かの交換条件とか無しに、北方領土一部返還、平和条約締結の話し
をロシア側から持ち出して来るように毅然と対応する。
後々、その事でロシアが徳になると思えるように。
日本は絶対に恩義、忠義は忘れない国、かの国とは全く違う。と意思表示すればよい。
大戦末期に不可侵条約を破棄したのはロシア側なので、
日本側から強く求めるのではなく、ロシア側からそれを提案するように持っていく。

アメリカと、ロシアとの強い結び付きが構築されれば、韓国が日本に対し、
いつまでも、戦時敵国のような態度を取り続ければ不利益と悟るだろう。
中国も、今までのような横柄な態度を取りづらくなるだろう。

ふんぞり返って見下してくる他国に対し、ご機嫌伺い、遠慮した対応は不要。
これは慢心でも、調子に乗ってる事でも無い。
当然の事だと思う。


2015年05月15日23:40
カテゴリ私見、その他
次の一手
中学生の頃、書店で本を選んでいて、突然に加藤一二三氏の著書
「次の一手」に目が止まり、その本を迷う事なく購入した。
別に将棋が好きだった訳でも無く、他人と将棋を指す訳でも無いが、
詰め将棋の問題を、将棋盤に駒を並べ自分で打ちながら考え、
それが最善の手だったのかを、後で確認する事が楽しかった。
つまり、ひとり将棋に夢中になっていた時期だった。

次の一手は、3巻まで購入した記憶がある。
有名将棋棋士は他にも何人も居るのだが、加藤氏の著書に引き寄せられた
縁からか、加藤氏以外の他の棋士には全く興味も湧かなかった。

この経験が、後のモトクロスでのスタートでの読み、ライン取り、駆け引き、
武道の試合での戦略、稽古、鍛錬方法、心構えに役立っていたのかも知れない。

最近、テレビのバラエティ番組に取り上げられたり、トーク番組に出演していて、
少し風変わりで、面白い将棋棋士の扱いをされていてびっくりした。
中学生の頃は、加藤氏の事を将棋の神様として崇拝し、
将棋の手を指南する解説は、神の言葉と思っていたから。


引き続き、検証のご協力よろしくお願い致します。