ジョセフ・ティテル2011年の東日本大震災を的中させたことで有名になった予言者ジョセフ・ティテル氏(画像:HPより

前回「ちょうど“今”が危険?!2014年3月までに超巨大南海トラフ地震が来る危険性を東大名誉教授の村井氏が警告!!」と「2人の学者が別々のデータ予測で2014年春までの“南海トラフ地震”を警告!!マジで“今”は注意が必要!!」 で2014年の春までの南海トラフ地震の危険性について書きましたが、ジョセフ・ティテル氏も、“どこで”とは言及していないものの、“2014年3月末”までの地震予言をしているのです。

予言者と学者2名が同じ時期の地震予言をしているのです!
 
ジョセフ・ティテル氏の2014年の地震に関わる予言はこれ。

  • M9より大規模の地震で福島の問題を引き起こす。 
  • 2011の時よりも大きな津波が世界のどこかで発生する。 
  • 早ければ1/11、遅くとも3月末に大地震・津波が起きる。→ハズレ、でも4月2日にチリでマグニチュード8.2の地震と津波が発生

どこで起こるかは予言されていませんが、予言時期が“2014年の3月末”なのです。

  • 村井氏→2014年3月までに南海トラフ地震 →ハズレ
  • リュブシン氏→2014年春までに南海トラフ地震
  • ジョセフ・ティティル氏→2014年3月末までに大地震・津波 →ハズレ、でも4月2日にチリでマグニチュード8.2の地震と津波が発生

時期がかぶっています。
しかも、南海トラフ地震の被害予測には、恐ろしい“津波”も含まれており、もし起きてしまった場合大地震になる可能性も指摘されているのです。

予言者1人と、学者2人が地震の予言時期が被るとかマジで怖いです。
的中しないことを祈りましょう!!