UFO

我が日本でも奇妙な未解決のUFO事件が多くあります。

今回は、その中で謎も多い中学生が捕獲した“手乗りサイズ”のUFOにまつわる事件をまとめてみました。 
 
その事件は、1972年、高知県高知市東部の介良(けら)地区で起こったので“介良(けら)小型UFO捕獲事件”と呼ばれています。

ある日、中学生の友達グループ数人が田んぼのなかであるものを見つけます。
それは・・・

地上1m程のところに静止していたハンドボール大で色とりどりに発光する物体

そして、翌日気になった彼等はまた田んぼに行ってみます。
すると、同じ発行物体の下に“灰皿”のような物体を発見するのです。

  • 形は灰皿そっくり
  • 底面中央の正方形の中に直径3ミリほどの穴が多数開いていた
  • まわりには、古代壁画のような図柄が描かれていた

その中のひとりが家に持って帰り調べようとします。
ですが、不思議なことに

たんすに物体を収納
  ↓
物体消える
  ↓
田んぼにまた友達と捕獲に向かう
  ↓
また消える
  ↓
ループ 

と、目を離した隙に何度もその謎の物体に逃げられるのです。
その過程で、少年たちは、物体の謎を解明するためにいろいろな実験を試みました。

  • 分解しようとした→傷ひとつ付かない
  • 内部を観察
  • ヤカン2個分の水を飲み込んだ
  • 写真を撮影しようとしたがシャッターがおりない
  • 写真を撮影しようとしたがフィルムが真っ黒になる

と、摩訶不思議なことが起こりました。
そして、かろうじて1枚だけ、ぼけた写真が残っています。
それがこちら

UFO

そして何度も逃げられていたので、最後に一人がひもできつく縛って運ぼうとするが、途中でハンドボール大の発光する物体が出現し何らかの力により引っ張られ、気づいたときには物体は消失していたのです。

中学生という子供の証言だけですが、インタビューをした作家の清水一夫氏は、

目撃者の二人がUFOの大きさを巡って真剣な言い争いを始めた。作り話なら口裏を合わせるのが普通なため「これは本当に何かあったんだな」という印象を受けた

引用元:wiki 

と語っており、真実だった可能性もあるのです。

わりと大きなUFOばかり注目されますが、小さいUFOもいるかもしれません。
宇宙人が小さいサイズなのかもしれません。
もしくは、小型の偵察用として宇宙人によって開発されたものかもしれません。

ですが、UFOがなぜ何度も捕まるリスクがあるのに“田んぼ”に執着していたのでしょうか?
そこが1番の謎です。