UFOUFOの目撃事件も数多くありますが、だいたいが数機のみの事件が多い中、UFO艦隊とも言える68機ものUFO大群が目撃された事件をご存知でしょうか?

しかも、それはアメリカのワシントンDCという首都で、市民や軍関係者など多人数が目撃した歴地上最も謎の多いUFO目撃事件なのです。
 
しかもこの事件、数日に渡っており、1952年7月19日から7月27日の間に起こりました。

突如現れたこのUFO艦隊は、首都ワシントンの上空で大衆が見守る中、上空を飛び回るのです。
しかも、

  • UFOがナショナル空港に着陸する旅客機を追跡
  • 迎撃に上がったアメリカ空軍のロッキードF-94B戦闘機を取り囲んでいた
  • レーダーにもそれらしき反応があり
  • 民間航空機の複数の乗員は、上下左右に不規則に動き、速度を変化させたり制止したりする「異様な光体」を目撃

地球にUFOが攻めてきた!!!
そんな報道もされ、SF映画並みのとんでもない状況。
更に、

空軍が調査のために戦闘機を発進させ、光体に接近すると光体は消滅
  ↓
その後、光体は様々な場所に現れ、いずれも戦闘機が到着するとすぐに消滅し、空軍と光体のイタチごっこが続く
  ↓
深夜になると、光体はアンドリュース無線塔の上空に出現し、「オレンジ色に輝く巨大な球体」を通信員たちが目撃

またバージニア州ニューポートニュースの人々は「互い違いに色を発して回転し、まぶしく光る物体」の目撃

と、ワープもできるUFOのようで、そのテクノロジーは圧倒的。

政府も対応をしていましたが、ペンタゴンには市民からの問い合わせで電話回線はパンク状態。

更に、次々と驚愕の事実がわかります。


それは、このUFO目撃は世界中で同時多発していたこと。

  • ワシントン事件が起こる1時間前には、沖縄の米軍基地にて4人の空軍関係者が、「球状」で「急激に飛行コースを変える」未確認飛行物体を目撃した。
  • ワシントン事件が起こった数十分後には、モンタナ州のグレートウォールズの空軍基地で、5機の飛行物体が超高速で飛行したという報告がされた。 
  • その数分後、次はニューメキシコ州のホロマン空軍基地で、高速で動く3機の発光体が複数の技術者や将校たちにより目撃された(この基地では近くで観測用気球も打ち上げられていたが、後の調査で気球による誤認ではないことが判明した。)物体は金属的な質感をしており、超高速で急激に進路を変えたという。レーダーに捕捉された時点では高度1万mに滞空しているという結果が出た。気象条件は理想的で、気温逆転現象もここでは起きていなかった。 
  • それから数時間の後に、ニューヨークから出発したパンアメリカン航空92便のパイロットたちが円盤形の飛行物体を目撃していた。
  • モロッコ、カサブランカ、マラケシュ、アルジェリアなどでもUFOが目撃されていた。

本当に、地球全体がUFOに占拠されたような状態だったのです。

日本の当時のこの事件についての新聞記事を見つけました。

ワシントンUFO事件

世界中を巻き込んだUFO事件だったのです。
なぜ1952年の7月にこんな事件が起こったのか?

よくUFOは世界的な大事件で目撃が相次いでいます。
1952年7月19日から8月3日まで、ちょうどこの事件の期間、フィンランドのヘルシンキでは、夏季オリンピックである「ヘルシンキオリンピック」が開催されています。
ですが、フィンランドにはUFOは現れておらず、これを見に来たわけではなさそう。

では、一体なぜなのか?
今だにそれは謎に包まれているのです。