皆既月食

地球が太陽と月の間を通り、地球の影が月に映る神秘的な“皆既月食(画像元:wiki)”が、2014年10月8日に、ほぼ日本全国で観測できるそうです。

日本で良い条件で観測できるのは、2011年12月10日の皆既月食以来!!
皆既月食は、実は年に2回から多い時は5回も観測できる事もありわりと身近な天体現象ですが、日本で条件よく見れる事はなかなかありません。


月は地球に1番近いながらまだまだ謎が多くあります。

アポロ12号の調査で疑われている“月の空洞説”や、“月が地球より期限が古い説”など、近くて遠い“月”を想いながらぜひ皆既月食を楽しみたいものです。

10月8日の皆既月食の月の経過時間を国立天文台で紹介してくれています。

  • 部分食の始め  18時14.5分   
  • 皆既食の始め  19時24.6分   
  • 食の最大    19時54.6分   
  • 皆既食の終わり 20時24.5分   
  • 部分食の終わり 21時34.7分

東京だとこんな一夜となるそうです。

10月8日の皆既月食(東京)

ぜひ、晴れてこの天体ショーを楽しみたいですね!