火星の人影

火星探査機キャリオシティの活躍により、少しずつ火星の謎が明らかになっていますが、それどころではない謎が浮上。
NASAが公開した火星の写真に「人影」がくっきりと写っていたのです。


髪の毛までくっきり!!酸素があるのか?!

探査機という無人での火星到達は人類が達成したものの、有人での火星到達はまだ叶っていないということに現在なっていますが、それは事実なのでしょうか?
NASAが公開したこの写真、キャリオシティが撮影したもので、撮影したキャリオシティの影の横に、作業をしているかのような人影がくっきりと写っているのです。
よく見ると、髪の毛まで!!
 
火星の人影

宇宙服なしで作業を・・・??
一体これはどういうことなのか???


様々な疑念、やはり“プロジェクトペガサス”は事実だった?!

この人影が事実であるのなら、いくつかの説が思い浮かびます。
  • 実は火星には探査機は行っておらず、地球の映像。
  • 実は一般人には知らされていながすでに人類は火星へ到達していた
  • 火星人
もしも、火星探査は我々一般人の目を逸らすための演出であり、すでに人類は秘密裏に火星に降り立っているのであれば、オカルトまとめでも何回か紹介した“プロジェクトペガサス”が事実だったということになります。
プロジェクトペガサスについては、「全米驚愕の極秘プロジェクト“ペガサス”オバマ大統領も参加した人類火星移住計画とタイムトラベル」と「また証言が増えた!“プロジェクトペガサス”火星極秘計画は既に1960年代から米政府主導で行われていたとしか思えない!!」で紹介してきましたが、この1枚の写真はその決定的な証拠になるかもしれません。 


本当の火星の姿もやはり違うのか?

更に、宇宙服を装着していないと思われるこの写真。
であれば、先日「火星でメタリックなUFOが1月29日に公開されたキャリオシティの写真に写っていた!!!検証によれば他の写真もNASAが隠蔽している可能性が浮上!?」でNASAが火星の写真を加工している疑惑がありましたが、それを考えると、火星には実は酸素が豊富にあり、環境も地球に似て、実は緑があり、青空もある一般的に認知している火星とは全く異なる環境なのではないか?と。


米国は、やはり宇宙人から得た、未知のテクノロジーにより、我々の知らない間に火星で極秘移住を進めているのかもしれません。