火星 メタン

NASAの火星探査機キャリオシティが、火星の表面の土を調べて、メタンと有機化合物を発見したと16日発表がありました。
「メタン」これはあるものの痕跡を証明するキーワードなのです。

出典:mars.jpl.nasa.gov


地球上の生物とメタン

実は、自然界でメタンが発生するのは、限られています。
そのひとつで、地球上では生物が主に地球上のメタンのほぼ大半を発生させています。
その中でも牛がダントツなのは有名です。


「メタン」は生物への鍵

今回、火星でメタンがあると確認されたことはとんでもなくすごいことなのです。
なぜなら、メタンが存在するということは、地球上で生物が主にメタンを発生させていることからも、火星に生物がいた痕跡に成り得るかもしれないからです。
岩石と水との反応で発生する可能性もありますが、なんだかの単細胞生物によりメタンが発生した可能性のほうが高いように思えます。
しかも、去年のキャリオシティの成果でメタンは確認されていなかったので、今回のこの発見はとてつもなくすごいことで、火星に生物がいたかもしれないその発見への大きなステップになるかもしれないのです。


つい先日、火星で大昔の湖の痕跡も発見されていますし、以前「地球そっくり!!40億年前の“火星”を再現した映像をNASAが公開!!」で紹介したように、太古の火星は本当に水のあふれる地球によく似た星だったのかもしれません。
そして生物が存在していた可能性も・・・。
近い星でありながら、まだまだ謎の多い火星。
はやく、人類が火星に降り立つ日がきてほしいものです。