バミューダ・トライアングル伝説の古代都市アトランティスは、ゼウスの怒りに触れて海中に沈められたと言われており、沈められたこのアトランティスの場所をめぐりいろいろな説が数多く語られている。

そんな中、カナダの科学者がロボット潜水艇でキューバ近くのバミューダ・トライアングル内の水深700メートルの地点でピラミッドなど、巨石でできた古代都市の跡を見つけた。

まさにコレがあの伝説の古代都市「アトランティス」ではないかと話題になっている。
 
バミューダ・トライアングルと言えば、数々の不思議な超常現象が起こり、“魔のトライアングル”と言われるいわくつきの未だ謎の多い場所である。

そんな場所に古代都市の跡を見つけたのだからこれは「アトランティス」ではないかと言われているのである。


見つかった古代都市跡には、4つのピラミッドや、モノリスなど、どう考えても自然にできたものではない巨大な遺跡の跡がある。

バミューダ・トライアングル
画像元:Peru punto com

まさにこれがあの“アトランティス”なのかもしれない!

バミューダ・トライアングル-1

バミューダ・トライアングル-2

※2014年12月6日、Twitterで動画のリンク切れ報告を頂き、動画を探し直しました。同じものではないですが、ほぼ同じ内容の動画です。