ボリス・キプリアノヴィッチ気になる発表がありました。
東京工業大学の研究チームによると、“火星の地下に氷があり、生命が存在する”と。

以前、「前世で火星に住んでいたロシアの少年、火星の地下にはまだ火星人が住んでいる!?」 で紹介したボリスくん(画像元:ケイ・ミズモリ)の言葉を裏付けるのではないでしょうか??
 
東工大と名古屋大の研究チームによれば、

火星からの隕石(いんせき)に含まれる水素と重水素の比率を年代別に調べたところ、火星から水が失われていく過程が分かりました。それによりますと、火星では誕生から4億年程度の間に、地表にあった水の半分以上にあたる3000万km3が消失していたということです。大気を通じて宇宙空間に放出されたとみられています。一方で、現在も地下には1000万km3余りの氷が存在する可能性があることも分かりました。研究チームは「微生物レベルであれば、今の火星にも生命が存在する可能性がある」としています。

引用元:http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000025165.html 

と、生命体が現存している可能性を発表しています。

一方、前世で火星に住んでいた、前世が火星人のボリスくんですが、彼は過去の火星のことや、過去の火星と地球の事、そして、現在火星の地下に火星人が暮らしている事を伝えていました。


この

地表にあった水の半分以上にあたる3000万km3が消失していたということです。大気を通じて宇宙空間に放出されたとみられています。

 という部分、ボリスくんは、

火星では大気が薄く、地下で生活していた

と言っています。
つまり、大気が宇宙空間に放出して、大気が薄くなった!という点が符号しています。

そして、ボリスくんによれば、火星人は今でも地下で生活していると。
つまり、現在火星の地下では、氷、そう水があり、そして火星人が住んでいるかもしれないのです。


不思議な力を持つボリスくん。
もし生命が死んで、そしてその魂が転生するとして、地球人→地球人と同じ星の生命ではなく、火星人→地球人という別の星の生命体に転生する可能性もあると思います。

前世の記憶を持つ人は以外に多い!?過去の記憶を持つ人のエピソードまとめ」でも紹介した通り、人類間だけでも前世の記憶を持つ人々はいます。
彼の前世の記憶も確かなものかもしれません。