神秘数字には神秘的なものが多く、太古の昔からいろいろな意味を持つものがいっぱいあります。

宗教的に、数学的や科学的にも“数字”は、様々な意味を持っていたりしますが、今回はその中で、“完全数”にまつわる面白い話をまとめてみました。
 
まず、“完全数”ってなんだっけ?という方の為にちょっと説明。

完全数とは・・・

その数自身を除く約数の和が、その数自身と等しい自然数のこと

引用元:wiki

もうちょっとわかりやすく。
現在、知られている完全数で見て行きましょう。

一番小さい完全数は「6」です。
「6」は、1+2+3の和で、この1、2、3は約数です。

完全数にはこんな数字があります。

  • 6
  • 28
  • 496
  • 8128
  • 33550336
  • 8589869056
  • 137438691328
  • 2305843008139952128
  • 2658455991569831744654692615953842176
  • 191561942608236107294793378084303638130997321548169216

まず、一番小さい「6」にまつわる話。

キリスト教の旧約聖書『創世記』では、

「神が6日間で世界を創造した」

と言われており、ユダヤ教やキリスト教ではこの「6」は特別な数字。

1日目 暗闇がある中、神は光を作り、昼と夜が出来た。
2日目 神は空(天)をつくった。
3日目 神は大地を作り、海が生まれ、地に植物をはえさせた。
4日目 神は太陽と月と星をつくった。
5日目 神は魚と鳥をつくった。
6日目 神は獣と家畜をつくり、神に似せた人をつくった。
7日目 神は休んだ。

次の「28」は、月の公転が28日周期という事を示している、と言われていらしいです。
古代ギリシアでは、神が計画的に月の公転を操作したと言われています。

この「496」は、古代ギリシアで、神秘的なものとして崇められていた数字だとか。

ちなみに、古代ギリシャの数学者は、6~8128までの4つの完全数を既に発見していました。
紀元前2600年ですよ!すごいですよね、そんな昔に。

更に、ヨハネの福音書の1章1~18節は、「496」の音節からできています。
これも完全数が関わっている。

他にも、物理学者の、ジョン・シュワルツと、マイケル・グリーンが「超弦理論」の数式を長年に渡って研究していく中で、突如数式に「496」の完全数が現れ、相対性理論と素粒子が結びつき、神秘的な神の数式へ近づきます。
この時瞬間、実際に雷鳴が轟いて、二人は、「神の法則」に近づいた!と神を実感したそうです。
(NHKスペシャル「神の数式」のエピソード)

神は、世界を想像した時に、数字にまつわる何だかの法則にそって、世界の物理法則までもを作り上げたのでしょうか?

実に神秘的な不思議な「完全数」ですが、その数字にまだまだ何か隠されていそうですよね。