UFOUFOは地球外生命体の乗り物ではなく、未来人のタイムマシンではないか?という説があります。

以前「UFOは未来から来た未来人の乗り物?!それを思わせる書込みを2ちゃんねるに現れた2062年から来た未来人がしていた!!」 でも少し書きました。

では、もし本当にそうであれば、様々な場所や場面でUFOがなぜこんなにも多く目撃されるのか?それを真剣に考えてみましょう。
 

未来にタイムマシンが完成したとします。
その形状が乗り物型にできる場合、普通に考えて飛行できる乗り物にする可能性が高いのではないでしょうか?

例えば、未来Aという場所から過去のAという特定の場所へタイムマシンで時間移動した時に、未来ではその場所Aは何もない平原だとしても過去の場所Aは何か障害物があるかもしれません。
障害物がなくても、たまたまそこに人もしくは動物などがいるかもしれません。
衝突?などの事故が起きる可能性も出てきます。
なので当然地上は危険性が高い。
となれば、できるだけ安全面を考慮すると、障害物が少なそうな上空などへタイムスリップすることが望ましいわけです。

なので、もしUFOが未来人の乗り物であれば、当然飛行型の乗り物になりそうです。
 

次に、なぜこうもUFO目撃情報が多いのか?
理由はいくつか考えられます。
その中でも1番これじゃないか?と思うのが、

タイムマシンはできたが、ステルス的な技術はなくタイムマシンごと姿を隠せないため

ではないでしょうか?

タイムマシンが開発された未来Aではこの技術はなく、それよりもっと未来のBでは技術があり、Bより未来のタイムマシンは姿を隠せ、それ以前の未来ではまだ技術的に無理だったのではないでしょうか??

あと、考えるときりがないのですが、未来の分岐はひとつではなく複数ある場合、未来はひとつではなくいろいろな未来が広がっているとします。
特定の分岐した未来Aの未来人にしてみれば、複数ある分岐は必ず自分たちの未来への分岐にならなくてはいけないはずです。
そうすると、例えば先日紹介したドイツ空港に現れたUFO騒動で考えてみましょう。

分岐した未来Aでは、このドイツに現れたUFO騒動は未来Aには過去の規定事項です。
当然、自分たちの未来へ繋がるこの過去のUFO騒動は無視できません。
なので、規定事項として、未来Aの未来人は過去へ行きドイツでUFO騒動を起こさなくてはならないのです。
でないと、彼等の未来Aへの分岐がなくなり、消滅してしまうかもしれませんし、未来A自体変化してしまうかもしれません。

なので、世界中であるUFO目撃騒動は全て未来人の規定事項なのかもしれないのです。

考えると本当にキリがないんですけどね。

宇宙人の乗り物かもしれないですが、この未来人のタイムマシン説も可能性はあると思うのです。