惑星またまたNASAが「水」のある惑星を発見したそうです。

今回は、太陽系外に5個の「水」が存在する惑星を発見です。
 
ハッブル宇宙望遠鏡によってこれらの惑星が発見されたわけですが、望遠鏡のスペックが上がれば上がるほど地球に似た特徴がある惑星の発見が増えているようです。

赤外線領域の光の波長を広視野カメラ3を使って観測。
そのデータを分析すれば「水」があるかどうかがわかるとか。
何万光年も離れた星の成分を分析できるなんてすごいです。


今回発見された5つの惑星は、

  • WASP-17b(さそり座 地球からの距離1000光年)
  • HD209458b(ペガサス座 別名『オシリス』 地球からの距離154光年)
  • WASP-12b(ぎょしゃ座 地球からの距離871光年)
  • WASP-19b(ほ座 地球からの距離815光年)
  • XO-1b(かんむり座 地球からの距離600光年)

 全て「ホット・ジュビター(熱い木星)」というタイプの惑星で、木星ほどのサイズで木星より軽い恒星の近くを公転する惑星だそうで、今回の5つは、大気にホコリか煙がある可能性が高いようです。

人類の宇宙探査は始まったばかりですし、まだ観測していない宇宙も多い。
観測を続ければ続けるほど「水」のある惑星の数も増えるだろうし、地球型惑星、そして地球うがい生命体の反応がある星なんてのもそのうちわかるようになる可能性がありますね。
期待です!