神使日本には神様がいっぱいいますが、神様は多忙。
各神社を回るのは大変だそうで、神の使いである神使(しんし 画像元:wiki)が神様に変わって神社を守っています。

アニメや漫画で登場するので知っている人も多いはず。

神使といえば、稲荷神社の「狐」のイメージが多いようですが、けっこう様々な動物が神使をしているようです。
 
基本的に、神使は“動物”です。

いろいろな動物がいますが、祭ってある神様によって各神社の神使も違ってきます。
多くの場合、神社の名前でどんな動物が神使をしているか?がわかるようになっています。

  • 鹿→ 春日大社・鹿島神宮・厳島神社 
  • 兎→ 住吉大社 
  • 猿→ 日吉大社・浅間神社 
  • 烏→ 熊野三山 
  • 鶴→ 諏訪大社 
  • 鳩→ 八幡宮 
  • 鷺→ 氣比神宮 
  • 鶏→ 伊勢神宮 
  • 蜂→ 二荒山神社 
  • 鰻→ 三嶋大社 
  • 鼠→ 大黒天 
  • 蛇→ 弁才天・大神神社 
  • 海蛇→ 出雲大社 
  • 白蛇→ 諏訪神社 
  • 狐→ 稲荷神 
  • 牛→ 天満宮 ※天神信仰を参照のこと。 
  • 亀→ 松尾大社  
  • 狼→ 武蔵御嶽神社・三峰神社など奥多摩・秩父地方の神社 
  • 鯉→ 大前神社

 
~稲荷、~八幡宮とか共通する名前は神使が同じ動物だったんですね!

ちなみに、うちの近くには熊野神社があるので、この場合“烏”の神使がいるようです。