宇宙今、民間企業の宇宙進出計画がどんどん増えています。

宇宙が身近になる日も近いと思うとワクワクしますが、もっと気になることがあります。
それは、 民間企業が宇宙進出することで“アレ”が明らかになるかもしれないという事です。

 
“アレ”とは、宇宙人の存在。

今まで宇宙にはアメリカを初め多くの人間が進出しており、人工衛星の数もどんどん多くなっています。
ですが、様々な宇宙人にかんする謎が隠蔽されている可能性が非常に高い。

特に、月の秘密はアポロ以来ずっと謎のまま。


もしかすると、民間の宇宙進出には宇宙人の存在について口外しない、など密約が交わされている可能性もあります。
ですが、民間企業の中で、一般人の宇宙旅行をサービスの主体にしているところも多くあります。

つまり、一般人が多く宇宙へ行ける時代が来れば、宇宙人の存在について多くの情報が入ってくる可能性が高くなるのです!!

ただただ今までは想像するだけだったり、噂が頼りだったり、政府関係者の暴露など、どうしても情報が制限されていた宇宙人の存在。
そんな時代が訪れれば遂にその情報が白日のもとになるかもしれません。

オカルト好きとしては期待せずにはいられません。
早くそんな時代がやってきてほしいものです。