太陽我々地球で暮らす生物は全て太陽(画像元:wiki)に多くの影響を受けています。

少し前に「太陽の「黒点」の数が“減る”と地球寒冷化で地球に大寒波が訪れる!?」 でご紹介しましたが、今太陽に“異変”が起きています。

このまま行くと、地球は寒冷化・・・氷河期に突入する危険もあるのです!!
 
太陽は、長年の研究で11年周期で活動が強まったり弱まったりすることがわかっています。
ですが、今年はその11年周期に“乱れ”が生じている!!!

今年は通常の11年周期の法則からすると、太陽活動がより活発化する「極大期」のはずなのですが、今年は全然太陽に元気がない。
具体的には、

  • 極域磁場転換(太陽の北極と南極の磁場が入れ替わる)→起きていない
  • 黒点の数が増加→増えないしむしろ少ない

“通常”とは違う太陽の活動。
しかも、黒点の数で言えば、この200年で最も少ないらしいのです。

これは何を物語っているのか??

研究者によると、このままいくと、地球は寒冷化へ進んでしまう!らしいのです。
地球の温度は太陽に全てかかっています。
どんどん地球が冷えていくと、いずれは氷で覆われた氷河期へ突入なんてこともあり得るかもしれないのです!!


温暖化もマズいですが、寒冷化もマズい。。。
何事も無くちょっと周期がズレただけ!という結果を期待せずにはいられません。