キリスト2014年4月から2015年9月までの約1年半という短い期間の間に偶然なのか?必然なのか?とんでもない現象が起きるらしい。

それは、 “月食”と“日食”がユダヤの祭日に重なって立て続けに起こってしまうというのです。

 
アメリカのマーク・ブリッツ牧師によると、ユダヤの祭日に“月食”と“日食”が立て続けに重なることがわかったそうです。
しかもたった1年半の間に6回も!!!


具体的な日付を見てみましょう。

  1. 最初は2014年4月15日である。
    これは、ユダヤ暦5774年のニサンの月15日にあたり、ちょうどユダヤの「過越の祭」初日にあたる重要な日であるが、この日に皆既月食が起こる。
    ふつう「過越の祭」は、夜、満月の明るい光の下で行なわれるものだ。
    ところがその日、月は暗く、赤黒くなる。不吉な予兆ととらえられるに違いない。  
  2. つぎにその半年後、2014年10月8日(ユダヤ暦5775年ティシュリの月14日)にも――これはユダヤの「仮庵の祭」の前夜祭の日であるが――この日にも皆既月食が起こる。  
    「過越の祭」と「仮庵の祭」はユダヤの二大祭である。
    その両日とも、このように月食にみまわれ、月はまたもや赤黒くなる。  
  3. またその半年後、2015年3月20日(5775年アダルの月29日)――「ユダヤの宗教暦の新年」の前日であるが――今度は皆既日食が起こる。
    新年が始まる前に、日は暗くなるのである。
    「黒い太陽」の出現だ。
    不吉なことの連続と、多くの人が感じないではいられないだろう。  
    この「ユダヤの宗教暦の新年」とは、旧約聖書「出エジプト記」などが記している「新年」と同じである。
    「アダルの月」(第12月)の次の「ニサンの月」(第1月)に始まる新年をいう。  
    新年第1月は、旧約聖書では「アビブの月」と呼ばれているが、のちにバビロニアの影響により、「ニサンの月」と呼ばれるようになった。
    第12月である「アダルの月」は29日までしかないので、その日はまさに宗教暦の新年の前日にあたる。
  4. さらにそれに追い打ちをかけるように、そのわずか2週間後の2015年4月4日(5775年ニサンの月15日)――ユダヤの「過越の祭」初日であるが――この日にも皆既月食が起こる。  
  5. それで終わりではない。
    その半年後、2015年9月13日(5775年エルルの月29日)――これは「ユダヤの政治暦の新年」の前日にあたるが――この日に部分日食が起こる。
    ここで、ユダヤの「宗教暦の新年」とか「政治暦の新年」とかの言葉が出てきたが、じつはユダヤには「新年」と呼ばれるものが2つある。
    一つは、先ほど述べた出エジプト記などに記された新年(宗教暦上の新年)で、第1月(ニサンの月=アビブの月)から始まる。
    もう一つは、第7月(ティシュリの月 旧約聖書では「チスリの月」)から始まる「政治暦の新年」である。
    これは、天地創造を起源とする暦ともいわれ、今日のイスラエル人は、おもにこちらのほうの新年(ロシュ・ハシャナー)を祝っている。
    その前の月、第6月(エルルの月)は29日までなので、この日は、政治暦の新年の前日にあたる。
    すなわち、新年の祝日が始まろうとするその前日に、太陽は暗くなるのだ。  
  6. そしてそのわずか2週間後の2015年9月28日(5776年ティシュリの月15日)――ユダヤの「仮庵の祭」の初日であるが――この日に再度、皆既月食が起こる。またもや、月は赤黒くなる。ユダヤの祭は、ことごとく月食や日食におおわれるのである。



月食と日食の起きる日と、ユダヤの祭の関係



こんな偶然あるのでしょうか??
怖いですね。

実は、20世紀に同じような事が実はあったらしいのです。

1948年 スラエル共和国独立の年
1967年 イスラエルがアラブに圧勝しエルサレムを奪還

どちらもユダヤにとって重大な事件が起きた年なのです。


では、来年2014年~2015年は一体どうなってしまうのか?
ここまで立て続けにユダヤの重要な祭日に重なるように、月食や日食が起こることは何かしら重要な事件が起こる可能性が高い気がしてしまいます。

偶然だとしても出来すぎています。

それが、ユダヤにとっての事件なのか?
ここまで偶然が重なっていると、世界的な事件となる可能性も十分考えられます。

通年通り、楽しい天体ショーであれば良いのですが、警戒が必要なのかもしれないのです。