グランド・プリズマティック・スプリング北アメリカ大陸最大の火山地帯であるイエローストーン(画像はイエローストーンのグランド・プリズマティック・スプリング 画像元:wiki)。

今も活発に活動しており、もし将来大噴火が起きてしまった時の被害のシュミレーションがある。 
 
イエローストーンは、世界最古の国立公園で、その範囲はものすごく広い。
ワイオミング州北西部を中心として8,980平方km。


この広大な敷地の地下のほぼ全てが火山のマグマ溜まりとなっている事がわかっているらしく、もしもこんな大きなマグマ溜まりを持つイエローストーンの火山帯で大噴火が起きてしまうとどうなるのでしょうか??

  • イエローストーン国立公園自体が完全に消えてなくなる
  • 3〜4日内に大量の火山灰がヨーロッパ大陸にまで到達
  • 米国の75%の土地の環境が変わりる
  • 火山から半径1000km以内に住む90%の人が火山灰で窒息死
  • 地球の年平均気温は10度下がる
  • その寒冷気候は6年から10年間続くとされる

イギリスの科学者のシュミレーションによるとこのような地球規模の被害が出るらしいのです。
恐ろしい・・・。

しかも、イエローストーンは現役で活発な活動をしていていつ噴火が起きてもおかしくない状態。
少なくとも数十年以内には確実に大噴火が起こるとまで言われています。

とにかく、噴火が起きないことを祈るしかありません。