三大ピラミッドピラミッドと言えば、エジプトのギザにある三大ピラミッド(画像元:wiki)を思い浮かべる方が多いはず。

実は、三大ピラミッドは配置などを含め太陽系の惑星を示しているのです!!

 
有名な話なので知っている人も多いかと思いますが、三大ピラミッドと惑星の関係の神秘的な謎をまとめてみました。


北側のクフ王のピラミッドと中央のカフター王のピラミッドについて

2つのピラミッドの体積の比較

クフ王:カフター王=1:0.845

地球と金星の体積の比較

地球:金星=1:0.857

ほぼ変わらない比率で2つのピラミッドは地球と金星の体積比になっています。

地球とクフ王のピラミッドの体積の比較

地球:クフ王=1.0832×1021m3:1.0832×107m3

驚くことに、ピラミッドは地球と太陽系の他の惑星とかなり関係した数値で作られているのです。

古代エジプトの天文学はそこまで進んでいたのでしょうか??
そんな時代に金星や地球のサイズがわかったとは到底思えません。
その頃、地球が丸い惑星だという事を彼らが知っていたかさえ定かではありません。

誰が三大ピラミッドをこうまでして天文知識を駆使した設計をしたのでしょうか??
本当に神秘的な謎です。