タイムマシン2ちゃんねるに現れた2062年から来た未来人は、彼のいる未来での事をいろいろ教えてくれた。

一番気になるタイムマシンやタイムトラベルに関するものも多く回答してくれているのだが、その全てを見直すと、とんでもないパラドックスが潜んでいた!!

 
まず、2010年の11月14に答えた書込みには、タイムマシンの実用化についてこうある。

タイムマシンは未来タイプ(VCX5000)が早く開発される。
 これは予想とかけ離れた姿だ。(今でいう電車?に似て非常に細長い)
 その十数年後に過去へ移動するタイプG+NXK6290(これは楕円形)が 開発されることになる。

これを見ると、彼のいる未来では、タイムマシンを使えば過去へも未来へも渡航可能なのがわかる。
そして、2011年7月23日の書込みに気になる事が書かれている。

2062年現在の技術すべて関係している。
 これは2040年代に未来からの技術が伝達されてからすべて変わったのだ。

2040年にそれより先の未来人がやってきて、技術が渡されたと言うのだ。
これはつまり、タイムマシン技術は、未来人によって伝わった可能性があるということです。

となると、矛盾が生まれる。
もし仮に、タイムマシンが2040年よりも先の未来人によってもたらされたのなら、一体誰がタイムマシンを開発したのか???

鶏が先か?卵が先か?

これと同じようなパラドックスに陥ってしまうのです。


そこを指摘してほしくないのか、こういう回答もしています。

多世界解釈やパラドックスについての問いに

タイムパラドックスに関しての説明はしないでおく。

と、これがキーポイントであるような回答が。
これはつまり、タイムマシンの開発にも関係しているのではないでしょうか??

彼は任務で次回は、2016年4月15日にまた現れると言っています。
次回も2ちゃんねるに再び現れてくれたなら是非この当たりを質問したいですね。