天岩戸神話の天照大神日本の謎のひとつ、卑弥呼の存在。

何と、卑弥呼は天照大神(左画像/天岩戸神話の天照大神 画像元:wiki) だったという説がある。
 
卑弥呼と言えば、邪馬台国を収めた女王的な存在。
それが、なぜ 天照大神(あまてらすおおみかみ)と卑弥呼が同一人物だったという話になるのでしょうか?

天照大神は天皇家のご先祖様と言われている日本神話に登場する神様です。
神様ではありますが、天皇家へと続く家系図もあります。

天皇家の家系図


日本神話での天皇の在位年数を照らし合わせると、天照大神と卑弥呼がいたとされる年代がちょうど同じらしいのです。
天照大神とは、卑弥呼を神格化したものではないのか?というのです。

しかも、いろいろな文献から天照大神が“女性”であった可能性が見つかっています。

  • 日本書紀で、スサノヲが天照大御神の事を“姉”と呼んでいる
  • 日本書紀に書かれている「アマテラスとスサノオの誓約」には、天照大神が同時の女性の髪型をしてたような記述がある
  • 多くの大和絵で天照大神の姿は女性として描かれている

卑弥呼も女性です。
天照大神も女性ですから、やはり卑弥呼なのかもしれません。

更に、卑弥呼が登場する魏志倭人伝と天照大神の登場する日本神話を比べると多くの共通部分があります。

結婚
  • 卑弥呼→生涯独身
  • 天照大神→生涯独身
いなくなった後
  • 卑弥呼→男性が国を治めたが争いが起きた
  • 天照大神→国中が闇になった ※亡くなったわけではなく天石窟に隠れてしまった
持ち物(鏡)
  • 卑弥呼→銅鏡を持っていた
  • 天照大神→八咫鏡(やたのかがみ)を持っていた

やはり天照大神と卑弥呼は同一人物だた可能性があります。
とすれば、今の天皇家は卑弥呼の子孫。
卑弥呼が治めた邪馬台国は今の日本のベースとなった国だったかもしれません。

世界一長く続く天皇家。
その始まりは卑弥呼につながるのかもしれませんね。