宇宙服宇宙服は、宇宙飛行士が宇宙空間で安全に生存するために着用する生命維持装置を備えた気密服の事です。

空気のない宇宙空間で着る服ですからある意味一人用の小さな宇宙船。

そんな宇宙飛行士が宇宙空間で船外活動を行う際に着る宇宙服(画像元:wiki)ですが、1着の値段がとんでもなく高額!!
なんと、1200万ドル日本円で約12億円もするそうです!!!

宇宙服には船外活動で必要な様々な機能が備えてあります。

  • 気密性と気圧の調整。 
  • 動きやすさ(気圧差によって膨張して動きにくくなるため)。 
  • 酸素の供給と二酸化炭素他の除去(呼気を循環して再使用するため)。 
  • 体温の調整、特に冷却(宇宙空間は低温ではあるのだが、宇宙服には宇宙飛行士の体温を逃がす場がなく、また太陽光線も強烈であるから活動時は温度が上昇することになる)。 
  • 宇宙塵、デブリ、紫外線などからの防護。
  •  外部との通信。

命を守り、高機能な宇宙服ですが、費用が高すぎる!!

ですが、デンマークの宇宙開発団体「コペンハーゲン・サブオービタルズ」が地元の金物屋で購入した材料でもっと安価な宇宙服を開発したそうです。
地元の金物屋で購入した材料と聞くとかなり大丈夫か気になるところですが、これを作ったピーター・マドセン氏によれば、NASAの特殊材料のものにも引け目をとらない出来だとか。

採用されたわけではありませんが、今後の宇宙進出の為にももっとコストの安い宇宙服が開発されると良いですね。