音聴くだけで能力開化、不眠解消、集中力アップができる「音」があるらしい。

脳波を刺激してその効果を促すという「バイノーラル・ビート」とはどういう音なのでしょうか??

 
この「バイノーラル・ビート」は、以外に昔からあるようで、能力開発の手法として発見されたのは1839年。
割りと古くからあったようです。

この 「バイノーラル・ビート」とは、

左右の耳に違う周波数の音を流し脳を刺激する

というもの。
左右に異なった周波数を流すことで、その差が

うねり

を発生させて、脳に刺激を与えるそうです。
この「うねり」によって、様々な効果があるらしく、

  • 能力開化させて学習や仕事の効率を上げる
  • 不眠が解消される
  • 集中力がアップする
  • リラックスできる
  • 記憶力がアップする

といった様々な効果があるそうです。

子供は大人よりも記憶力が高いそうです。
その原因となっているのが、「シータ波(4-7Hz)」という脳波の一種が多いこと。
このシータ波を人工的にバイノーラル・ビートで聴かせることで、大人になって低下した記憶力も向上するらしいのです。

一体どんな音なのか気になりますよね?
Youtubeに多く紹介されているので聴いてみましょう。








この音が左右違った周波数で脳を刺激しているらしいですよ。