月アポロ8号は、1968年に人類初の月周回ミッションを行いました。
人類で初めて「月の裏側」を見たのです。

そして、驚きの発言をヒューストンに伝えたのです。



3名の宇宙飛行士が搭乗しており、彼等は10周も月を周回します。
そして、地球帰還のエンジン噴射に成功した宇宙飛行士ジム・ラヴェルがヒューストンに伝えた言葉は

「みんなに伝えてくれ。月にはサンタクロースが居る。」

これは一体どういう意味だったのか??

この発言をした日はちょうどクリスマスで12月25日でした。
ですが、クリスマスを祝うのなら「メリークリスマス」とか他にも言様があるにも関わらずなぜこう発言したのでしょうか?

彼の見た「サンタクロース」とは何を指すのか?
その時のヒューストンとのやりとりはこうである。

ヒューストン:アポロ8号、こちらヒューストン

ジム・ラヴェル:ヒューストン、こちらアポロ8号

ヒューストン:アポロ8号、よく聞こえる

 ジム・ラヴェル:みんなに伝えてくれ。月にはサンタクロースが居る。

 ヒューストン:そうだろう、君たちがそれを一番よく知っているからね

ヒューストンも知っているのである。

サンタクロースは、UFOもしくは宇宙人の隠語ではないのだろうか?という疑惑が持ち上がった。
実は、こんな証言がある。

あるTV番組で元NASAの宇宙飛行士ジム・アーウィンがこう伝えている

サンタクロースはUFOの暗号だ

過去にも何度かオカルトまとめで月と宇宙人やUFOに関連する記事を紹介しました。

今年の10月にNASAの月探査衛星が月へ到着し、月の大気を調べる予定。
これだけ近い星なのにアポロ計画以降人類は月へ行けていません。

間近で月を見ることのできた人間は、アポロ計画の宇宙飛行士だけ。
もっと言えば、月の裏側を肉眼で確認できたのは、アポロ8号、10号、11号に搭乗していた宇宙飛行士のみなのです。

サンタクロースはやはり暗号だったのでしょうか?
今だ真実はわかっていないのです。