テクノロジーアトランティスやムーなど実在していた?!と噂される幻の超古代文明は本当にあったのでしょうか?

謎に満ちた超古代文明は実は未来人が作ったのではないか?という説があります。


 
日本の国民的アニメであるドラえもんの映画「ドラえもん のび太の日本誕生」のように未来人が実は文明を過去の地球で築こうとしていたのではないか?

映画のあらすじは、

のび太が太古の日本へ家出をする。
そこで出会った原始人クルル達ヒカリ族が、精霊王ギガゾンビ率いるクラヤミ族に襲撃を受ける。
クルル達を助けるためにドラえもんとのび太の仲間達が戦う。

という内容でした。
この精霊王ギガゾンビは実は23世紀から来た未来人で、時間犯罪者。



よくよく考えるともし未来でタイムマシンが開発されたとして、未来の世界で何だかの妄想に囚われた人間が過去へ未来の技術を持ってやってきたら、古代の人々はそれを「奇跡」と思ってしまう可能性は十分にあります。
そして、「神」に祭り上げられる可能性も考えられます。

過去の世界で「理想郷」を夢見て、地球の歴史を過去から変えようとするような考え方をする人間が出てきても不思議ではないはずです。

映画の中で最後はギガゾンビはタイムパトロールに逮捕されます。
もし、未来の世界でもこんなタイムパトロールがいたとしたら、一体どうするのでしょうか?

未来の犯罪者Aが過去の地球へタイムトラベルをし、文明を築く
 ↓
タイムパトロールに見つかる
 ↓
犯罪者Aが文明を築かないようにタイムパトロールが犯罪者Aが過去へ行くのを阻止
 ↓
タイムパラドックス発生、歴史改変になってしまう 


もし、犯罪者Aが過去で文明を築くのを阻止してしまえば、その歴史(Aが築いた文明)はなくなり過去の改変となり、未来に影響を与えてしまう可能性がでてしまいます。
では、どうするか?

未来の犯罪者Aが過去の地球へタイムトラベルをし、文明を築く
 ↓
タイムパトロールに見つかる
 ↓
できるだけ未来の痕跡を消し、文明を解散?させる

タイムパラドックスができるだけ起こらないように未来の痕跡を消す必要があります。
なかった事にすればそれこそ歴史改変になってしまうので、犯罪者Aが文明を築くこと自体を過去の規定事項にしなければいけない可能性が高いのです。

こう考えると、超古代文明はどれも言い伝え的には話が語り継がれているが、その痕跡が見つかっていないことに納得が行くような気がします。

将来タイムマシンが本当に完成して時間旅行ができるようになれば、いろいろなルールが出来上がるはずですが、こういった犯罪が行われない可能性がないわけではないので超古代文明が未来からやってきた未来人によって作られたという説も一理あるのではないでしょうか?