世界最古のカレンダー①スコットランド北東部のアバディーンシャーで、世界最古のカレンダーが見つかったそうです。

現在までに見つかっていた最古のカレンダーと言われていたものは、メソポタミアの遺跡にあるカレンダーで、今回みつかった物は、それよりも数千年前の物で約1万年前のものらしい。


バーミンガム大学のビンセント・ガフニー(Vincent Gaffney)博士ら、イギリスの考古学チームが発見したコンカレンダーは、

12個並んだ穴

どうやら「太陰暦」に基づいたものらしく、それぞれの穴は、太陽の満ち欠けを表したものらしい。

世界最古のカレンダー②

世界最古のカレンダー③

しかもすごいのが、約1万年前の「冬至の日」に太陽がちょうどこの穴の上を動くように掘られている。
このカレンダー相当長きにわたって使われていたようで、約4千年前まで繰り返し修復しながら使われていたそうです。

2004年にこの穴は見つかってはいたのですが、まさかこれがカレンダーだったとは多くの人を驚かせる結果になりました。
何より、研究でこれがカレンダーであることを発見したところがすごい!

ビンセント・ガフニー博士による解説動画はこちら