ギザの大スフィンクスエジプトのギザのスフィンクス(画像元:wiki)が実はピラミッドよりも古い時代に作られていた!という説があります。

ギザの三大ピラミッドが約4500年前に作られたと言われており、この説ではなんとこれよりも数千年も古い今から約一万年前に作られたと言われているのです!
 
なぜフィンクスがピラミッドよりも前に作られていた!という説があるかというと、スフィンクスにある“痕跡”があるからです。
それは・・・

スフィンクスの体に縦溝があるから!

なぜ縦溝があることがピラミッドよりも古い理由になるのでしょうか?



エジプトのイメージと言えば暑くて乾燥した「砂漠」だと思います。
エジプトは雨がほとんど降らない乾燥地帯です。

ですが、大昔約9000年以上前は、なんとエジプトもかなり雨が降る地域だったらしいのです。
地質学者や気象学者によると、“縦溝”は雨がかなり降っていないと作られないものらしく、“縦溝”ができる原因は「水による侵食」。
大量に降る雨が長い期間をかけ、スフィンクスの体を伝って流れ落ちることによって“縦溝”はできたらしいのです。

つまり、スフィンクスはピラミッドよりももっと古い時代に作られていたのです!!!

約1万年前というと、一般的には最後の氷河期が終わり、まだ人類は洞窟に住んでいた時代で、文明はまだ誕生していなかったと言われている時期なのです。
もし本当にスフィンクスが約1万年も前に作られていたとすれば一体誰が作ったのか??
それは人間によるものなのか?それとも・・・

まだまだ謎が多いスフィンクス。
以前紹介した「前世で火星に住んでいたロシアの少年、火星の地下にはまだ火星人が住んでいる!?」のロシアの少年の予言によるスフィンクスの秘密の入り口も気になるところです。