宇宙人先日、アメリアのCIAが公式に存在を認め世界中で話題になった「エリア51」

ロズウェル事件のUFOや宇宙人との噂も絶えないエリア51の様々な噂をまとめてみました。

 
エリア51(Area 51)は、アメリカ空軍によって管理されているネバダ州南部の一地区で、正式名称は、グレーム・レイク空軍基地の事を指します。

様々な噂の影には、これを裏付けるようにかなりの徹底した警備のある場所としても知られており、

  • 基地の敷地周辺の立ち入りはもちろん、撮影も一切禁止されている
  • これを無視して進み憲兵や衛兵に見つかった場合は逮捕され、処罰される
  • 特に不審な場合は警告無しに発砲される事もある

と、かなり物騒な地域なのです。
昔見たTVのUFO特集で現地に行ったTVスタッフが結構エリア51から離れた場所でも立入禁止だ!出て行け!と言われていました。
その番組では、エリア51方向からUFOらしきものが飛び立つところを映像で捉えていました。
何て番組だったかは忘れましたが・・・。



GoogleMAPでも見ることができます。


エリア51に関する噂について

  • ロズウェル事件で墜落したUFOが保管されているのではないか?
  • ロズウェル事件で墜落したUFOに搭乗していた“グレイ”という宇宙人がいるのではないか?
  • エリア51付近では、度々UFOらしくものが一般人に目撃されている
  • 地球外の技術で超兵器及びUFOの研究がなされているのではないか?
  • メン・イン・ブラックが働いている   等

このように昔から宇宙人やUFO関連の噂が絶えません。
エリア51で働いていたとされる元職員の話も度々世界のニュースを賑わせますが、そのほとんどがUFOや宇宙人関係。
ですが、ことごとく政府によってそれらは否定されてしまいます。

そして、以前「謎の地上絵!エリア51に巨大な「三角形と円」がGoogleマップに写っている!」で紹介したようにエリア51付近では謎の巨大な地上絵っぽいものも発見されています。
これなんてあきらかに自然でできたものには見えませんからますます怪しいですよね。

真実が公開される日は来るのでしょうか?