幽霊透明人間、人体発火、異次元空間、謎の発光などなど。

第二次世界大戦中の1943年10月28日、ペンシルベニア州フィラデルフィアの海上、駆逐艦「エルドリッジ」で秘密裏に行われたアメリカ海軍のステルス実験「フィラデルフィア計画」、別名「レインボー・プロジェクト」は当初誰もが予想だにしなかった“最悪”の結果を招いた。

 
この計画は、ニコラ・テスラが設立したレインボー・プロジェクトの一貫の実験であり、当初の目的は、当時は戦時中ですから戦時的な目的が主で、敵のレーダーからの回避を行うための磁気に関する実験でした。

テスラについては是非「FBIに持ち去られたテスラの研究資料を元に開発されたのが「HAARP」なのではないか?」をご覧ください。


テスラの作ったテスラコイル(高周波・高電圧を発生させる変圧器)を利用すれば船の磁気を消滅させて敵からレーダーで見つけられなくすることができる!そうすれば有利に軍事作戦を立てられる!という計画の元、とても強力な磁場を発生させる実験を開始しました。

駆逐艦エルドリッチ


スイッチを入れ、強力な磁場が発生し、レーダーに駆逐艦エルドリッジは認められず実験成功!となったと思われましたが、ここで大問題が発生します。

海面から緑色の光がわきだし、次第に駆逐艦エルドリッジを覆い、駆逐艦エルドリッジは浮き上がり発光体は幾重にも艦を包み、見る見る姿はぼやけて完全に目の前から消えてしまった。

大きな駆逐艦が目の前から消失したのです。
驚くのはこれだけではありません。
駆逐艦はいったいどこに消えてしまったのか???

2,500km以上も離れたノーフォークにまで瞬間移動

驚愕です!
更に、

数分後、またもや発光体に包まれ艦はもとの場所に瞬間移動した。

一体駆逐艦に何が起こっていたのでしょうか??

駆逐艦には当然、軍関係者及び実験を行う研究者など、多くの“人間”が乗っていました。
彼らがこの瞬間移動から帰ってきた時、最悪な惨状に見舞われていました。

  • 体が突然燃え上がった(人体発火)
  • 衣服だけが船体に焼き付けられた 
  • 甲板に体が溶け込んだ 
  • 発火した計器から火が移り、火だるまになった 
  • 突然凍り付いた(冷凍化) 
  • 半身だけ透明になった 壁の中に吸い込まれた(異次元へ?)

数分間の間に彼らの身に何が起こったのでしょうか?
とんでもない惨状です。

死亡・行方不明者の数は16名、生き残ることができた乗員の内6名は精神に異常をきたし発狂。
その中で鉄の隔壁に守られた機械室にいたエンジニア数名はなぜか何も影響を受けることなく帰還することができました。

最悪の結果を生んだこの実験は海軍上層部によってすぐに隠蔽されることになったのですが、1956年にカルロス・マイケル・アレンデと名乗る人物がモーリス・ケッチャム・ジェサップ(天文学の分野で博士号を持つ作家)宛に手紙を書きフィラデルフィア計画の詳細を密告しました。
手紙を受け取ったモーリスはこの3年後、排気ガスをホースで車内にひきこみ、一酸化炭素中毒で死亡するという謎の死を遂げており、この死には軍の関与が疑われています。
海軍は必死で告発したカルロス・マイケル・アレンデと名乗る人物を探したが見つけることはできなかったようですが。

この数分間を生み出したテスラコイル自体も今だ謎があります。
テスラコイルがもたらした地球上ではありえそうにない超常現象の数々。
米海軍はこの実験自体存在しないという見解を発表していますが、モーリスの謎の死もあり、その真相は定かではありません。


消えた乗組員はどこに行ったのだろうか・・・