人魚先日、ハリケーン後のフロリダで人魚が打ち上げられたという記事「本物?!フロリダでミイラ化した“人魚”が発見され話題に。」をご紹介したばかりですが、今後は“生きた”人魚もしくは半魚人?らしき何かが写った映像が公開されました。


 
海洋学者のトーステン・シュミットさんがグリーンランドの600メートルの海底で撮影した動画です。

窓に突如河童のような水かきを持つ“手”らしきものが写りすごい速さで移動します。

 
人魚

そして顔が・・・

人魚

この映像から目と口が確認できます。
人のような体つきに見えます。

人魚もしくは半魚人なのでしょうか??


日本でもこちらの記事のように「人口十数人の秘島「新城島」の立入禁止の人魚神社や、秘祭「アカマタ・クロマタ」謎の儀式とは?」人魚信仰があります。

地球は誕生からとても環境変化が激しい星です。
氷に閉ざされた極寒の氷河期でもある程度温度の安定する海底でなら生物が生き残り独自の進化を遂げ、それが人魚や半魚人の可能性もあるかもしれません。

とても衝撃的な映像ですが、海洋調査と共にこの謎の生き物の調査もしていただきたいですね。

動画はこちら