ネズミ19日、ロシアの生物実験衛星「ビオンM」が1ヶ月ぶりに地球に帰還した。

生命がどれだけ長く宇宙空間で耐えられるかの実験を行なっていたが、帰還したネズミの多くが帰らぬネズミとなってしまった。

 
小動物以外にも植物も一緒に搭乗していたが、小動物の多くは地球に無事帰還できなかった。

ハツカネズミ45匹→半数以上が死亡
スナネズミ8匹→機器の不具合で全滅
イモリ15匹→死亡

原因は、なれない環境でのストレスらしいが、機器の不具合での死亡は何とも悲しい結果です。

この実験データは、今後の長期間の宇宙空間(無重力下)での滞在において重要なデータとなったらしい。
既にいくつかの機関や民間で計画されている“火星”への長期間の宇宙での旅での生命に与える影響を軽減させることに役立つそうです。