異次元我々オカルト思想の持ち主は少なからず異次元の世界を一回は想像していると思います。

実は、最新の研究では、物理学者達がなんと、その“異次元”の世界を見つけようとしているらしいのです。
驚愕です!
 


 

まずそもそも天才学者達が何故異次元を今研究しているのか?

それは、宇宙の成り立ちや物質の重力やらいろいろ研究しているうちに、我々の住む宇宙が存在するためには本当に“異次元”がある!と仮定して理論を組み立てるといろんな法則なんかがしっくりくる可能性が高いそうです。

なんのこっちゃ?ですが、例えば、日本の誇る天才物理学者の村山斉(むらやまひとし)さんの「宇宙は本当にひとつなのか」という著書によると、
  • 多次元宇宙
    我々の宇宙がひとつしかなくて1次元~数次元までいろんな次元がある
  • 多元宇宙
    我々の宇宙以外にも宇宙が多数存在していろんな次元がある
と、2つの視点でみた場合それぞれにいろんな理論があって、宇宙、いや、我々人間が存在するにあたって物質が構成しているであろうこの宇宙には、実は目に見えない何か(暗黒物質や暗黒エネルギー)があるらしく、何なんだ?といろんな理論で突き詰めていくと、どうやら異次元と我々の世界を行き来する何かの力(もしかしたらそれは重力の可能性も?)があり、異次元があると仮定するとうまく辻褄が合うそうです。

異次元が存在するのであれば、異世界も存在するかもしれません。
目には見えないだけで我々の世界と重なっているかもしれないし、そうでないかもしれない。

ここからは持論ですが、最近よく見かける異世界の記憶がある人々の話や、幽霊などの霊的な世界も本当に実はあるのかもしれません。
タイムスリップについても、我々は3次元を認識していますが、時間という次元を見出しそれがもしかしたらタイムマシーン開発に繋がるかもしれません。

更に、すごいのが、かの天才学者達は、その異次元が存在する可能性を“証明”しようとしてる。
その方法も具体的にあるらしく日々研究が進んでいるそうです。

異次元があれば異世界が存在する可能性もある。

我々オカルト思想のSF的な夢みたいな話が、今や最先端の宇宙研究だったなんて驚愕ですね。