骸骨神域である山や森で、ある日突然人がいなくなってしまう“神隠し”の言い伝えは日本各地にあります。

その中でも有名なのが 、千葉県市川市八幡にある「八幡の藪知らず」の森である。


現在は道路拡張工事などで森が削られ昔よりは小さな森であり、人通りも多いらしい「八幡の藪知らず」の森。
だが、今だにここは「禁足地」(入ってはならない場所)とされている。
 
「八幡の藪知らず」の森

昔からこの森に入れば二度と出られないという伝承があり、伝承に由来する数々の説がある。

ひとつは、以前、平将門の呪いを結界で封じ、逆に利用して江戸を繁栄させた男「徳川家康」という記事にも書いた日本屈指の祟りの元である平将門に由来した説である。

平将門の呪いについては今だに恐れられており、過去何人もの人々が彼の呪いを恐れ結界をはったり封じたりしており、その中の一人、平貞盛が将門を封じるため八門遁甲の術を用いた際、この森がちょうど死門だったので封じたというもの。
これ以外にも、将門の死体の一部がここにあるという説や、将門の影武者達の死体があるなど、将門に由来する説がある。

他にも、昔の有力者の墓であるという説や、毒ガスが発生するという説など確証はないがいろいろな説があり、どれも必ずこの森には入ってはいけない、入れば二度と出られないというものばかり。

中には、入ってしまった不届き者の話もある。

あの水戸光圀(水戸黄門)が入った話しである。
旅の途中、「禁足地」の伝承を聞いた光圀は、そんなことはあるものか!と森に侵入。
昼間に入ったにも関わらず道に迷い、日が暮れた頃、どこからともなく女性が現れこう言った。
「ここに無闇に入ってはならない、今回は特別にそなたの徳の高さに免じて返してやるが、ゆめゆめ今後この地に入ったら生きて帰れると思うな」

あの黄門様でさえ、腰を抜かしそうになったらしい。

今だに伝承が受け継がれ、あの平将門に関わる説があるだけでも恐ろしい「八幡の藪知らず」の森。
絶対に立ち入りは禁止である。