恐竜
恐竜が滅びて人間がこの世に存在するまで約6000万年もの長期間の隔たりがある。

我々人間が現在の史実として「恐竜」という存在を認識したのは19世紀に入ってから。

本当に最近の出来事だ。

にも関わらず、世界中で人間と恐竜とが共存していたのではないか?という証拠が多い。

神話やオーパーツ的なものもあるが、実際の証拠として物的な証拠も多い。
進化論者には否定したい部分だとは思うが事実として様々な証拠がでてきている。

アメリカのテキサス州パラクシー川付近では、いくつもの恐竜と人間の足跡が交差して存在しているのが発見されている。 

9-1

カンボジアにある世界遺産、アンコール遺跡には恐竜のレリーフがある。

9-2

ペルーで発掘された古代の土偶なんてまさに恐竜そのもの。

9-3

ナスカで見つかった石に掘られた恐竜

9-4

現代の我々のように考古学が当時発達していて、古代の人々が恐竜の化石から想像してこれらを作っていたとは考えにくく、どれもまさに、人間が「恐竜」という存在を知らなければ存在したいものばかり。

化石や発掘品など全てにおいて、年代測定が行われているものばかりですが、こうなってくると年代測定自体怪しいものです。

それに神話で出てくるドラゴンなんて恐竜じゃないですか。
どこからドラゴンなんてイメージをしたのか。



化石から、恐竜が存在していたのは確か。

彼らが絶滅してしまったのも事実。

だが、本当に「絶滅」したのか?

もし、人間の存在していた時期とかぶっているのであれば、何故今も生きていないのか?

大型の恐竜に至っては、今現在も謎が多くあり、その中のひとつに、あれだけの体重を地球の重力で考えると立つことすら無理ではないか?というものがある。
恐竜がいた当時はもっと重力が小さかったのではないか?
とも言われている。

そうなってくると、地球の重力は月の引力とも関係が深く、今の位置に月があったかもあやふやになってくるそうでますます謎が深い。

重力が小さかったのであれば人間の体格にも影響してくる。

ここまで来ると物理法則もおかしくなってしまいますよね。

謎が謎を呼ぶのです。


はやくタイムマシーンが発明され過去へ行ければいいんですけどね。