SLIM - 小型月実験機構想

日本の宇宙開発の“月”分野に関しては、JAXAの月周回衛星「かぐや」が大きな功績を出していますが、更にもうひとつ日本ではじめての月に関わる計画が発表されました。
2018年、日本初の無人での月面着陸計画が発表されたのです。

出典:isas.jaxa.jp


やっと・・・!!遅れを取り戻せ!!

旧ソ連、アメリカそして中国に遅れを取っていた月面着陸。
やっと、やっとです。
日本初の無人月面探査を行うのは小型探査機「SLIM」。
その名の通り、探査機としては小型で、「SLIM」ほどの小ささの探査機における着陸実験は世界でもはじめてで、成功すれば日本の宇宙開発にも、世界の宇宙開発でも一歩リードとなります。


宇宙開発において、絶対に遅れを取ってはいけない理由。

月の宇宙開発において、日本は絶対に遅れを取れません。
なぜなら、中国が、月を軍事利用しようとしている可能性があるからで、以前「舞台は“月”へ。中国の宇宙への軍事介入が本格化!日米両政府が宇宙監視で協力、自衛隊の宇宙特務機関誕生へ!」や、「これはひどい・・・中国が“月”を軍事基地にする計画を発表、月面探査機「玉兎」はその始まりなのか?!」そして、「既に中国の月の軍事化計画は進んでいる?!月への移住計画「月宮一号」の開発と宇宙の未来」でもその危険性を紹介させていただきました。
地球だけでも争いが絶えない状態なのに、宇宙でまで利権を得、軍事的に利用しようとしている中国だけには何がなんでも絶対遅れを取るわけにはいかないのです。
宇宙を戦場にするようなことは絶対に避けなければいけません。
そして、それを抑止する防衛技術が必要なのです。


来年度の予算編成で国がちゃんと宇宙における開発競争に邁進する予算をしっかり組んでもらい、日本という国家としてもっと宇宙開発の重要性を考えてほしいと思っています。
人間とは欲深いもので、地球だけでは満足せず、広大な宇宙空間への進出も果たしていますが、その目的に純粋な宇宙という未知への憧れだけであってほしいというのは理想論かもしれません。
ですが、理知的に何を目指すべきか、何が大事なのかを判断出来るだけの技術力だけは日本という国家レベルで持っていてほしいと思います。