橋姫

漫画やゲームなどで「鬼切丸」という日本刀の名前を聞いたことがある人も多いと思いますが、この刀は実在しており、そして元の名は「髭切(ひげきり)」と呼ばれる平安時代に源満仲が作らせた刀でした。
なぜ、「髭切」が「鬼切」と名を変えることになってしまったのか?
そこには、愛するが故に生きながら“鬼”に変わってしまった橋姫(はしひめ)の悲しい伝説があったのです。

竜閑斎画『狂歌百物語』より「橋姫」 出典:ja.wikipedia.org


平家物語、山城国風土記など数多く語り継がれる宇治の橋姫

橋姫に関する伝説や言い伝えは数も多く様々なものが今なお残っています。
ただ、共通するのが“非常に嫉妬深い女”であったという部分。
ですが、気が狂って嫉妬深く鬼になってしまったのではなく、愛する人を他の女に奪われたショックが原因で、橋姫はその女どころか世の中の全てに対して絶望したのです。


自ら“鬼”となる。その姿が“丑の刻参り”の起源

全てに絶望したのは、愛の裏返し。
橋姫は、生きながらにして“鬼”となることを望みました。

京都にある貴船神社に七日間籠もり、「貴船大明神よ、私を生きながら鬼神に変えて下さい。妬ましい女を取り殺したいのです」と祈ります。
哀れに思った明神は、「本当に鬼になりたければ、姿を変えて宇治川に21日間浸れ」と伝えました。

貴船神社
貴船神社 出典:ja.wikipedia.org

それを聞いた橋姫は、都に帰ると、髪を5つに分け5本の角にし、顔には朱をさし体には丹を塗って全身を赤くし、鉄輪(かなわ、鉄の輪に三本脚が付いた台)を逆さに頭に載せ、3本の脚には松明を燃やし、さらに両端を燃やした松明を口にくわえ、計5つの火を灯した。夜が更けると大和大路を南へ走りました。
それを見た人はその鬼のような姿を見たショックで倒れて死んでしまった人もいたと言われるくらいの形相。
そして宇治川に21日間浸ると、貴船大明神の言ったとおり本当に生きながら鬼になってしまったのです。

鳥山石燕『今昔画図続百鬼』より「橋姫」
鳥山石燕『今昔画図続百鬼』より「橋姫」 出典:ja.wikipedia.org

そう、この姿こそ、後の“丑の刻参り”となるのです。
“丑の刻参り”は他にも悲しい物語があり以前「「藁人形」で「丑の刻参り」は今も行われている!?岡山県育霊神社に伝わる“呪い”の猫と依玉姫の悲しい言い伝え」で紹介しています。

そして、鬼となった橋姫は、妬んでいた女、その縁者、相手の男の方の親類、しまいには誰彼構わず、次々と殺しました。
男を殺す時は女の姿、女を殺す時は男の姿になって殺し、京中の者が、申の時(15~17時ごろ)を過ぎると家に人を入れることも外出することもなくなったほど。


鬼(橋姫)を切った名刀「髭切」

鬼と化した橋姫を誰も止めることができなくなっていた矢先、源頼光の四天王の1人源綱が一条大宮に呼ばれました。
そして、夜は(橋姫のせいで)危険なので退治を命令され、名刀「鬚切(ひげきり)」を預かり、馬で橋姫(鬼)を探しに行ったのです。

一条堀川の戻橋を渡る時、20歳くらいの、肌は雪のように白く、紅梅柄の打衣を着て、お経を持って、一人で南へ向かっていた女性をみかけました。
源綱は、「夜は危ないので、五条まで送りましょう」と女性を気遣い家まで送ろうとしていたところ、正親町の近くで女が、「実は家は都の外なのですが、送って下さらないでしょうか」と頼んだので、綱は「分かりました。お送りします」と答えた。
すると女は鬼の姿に変わり、「愛宕山へ行きましょう」と言って綱の髪をつかんで北西へ飛び立った。
源綱はあわてず、鬚切で鬼の腕を断ち斬ったのです。

源綱は北野の社に落ち、鬼は手を斬られたまま愛宕へ飛んでいきました。
綱が髪をつかんでいた鬼の腕を手に取って見ると、雪のように白かったはずが真っ黒で、銀の針を立てたように白い毛がびっしり生えていたのです。
鬼の腕を頼光に見せると頼光は大いに驚き、安倍晴明を呼んでどうすればいいか聞きました。
晴明が「綱は7日間休暇を取って謹慎して下さい。鬼の腕は私が仁王経を読んで封印します」と言い、封印されたのです。

この事件後、鬼を切った名刀として、「髭切(ひげきり)」は、「鬼切(鬼切丸)」と呼ばれるようになり、今は北野天満宮で重要文化財として保管されています。


名刀「鬼切丸」、その名の由縁には、愛に裏切られた悲しいお姫様の伝説があったのです。
実はこの「鬼切丸」、橋姫だけではなく、スサノオノミコトとの闘いで敗れたヤマタノオロチの子供だとも言われる酒呑童子(しゅてんどうじ)という京で暴れていた鬼を討ち取ったり、多田満仲の戸隠山の鬼退治だったりと、本当にその名のごとく“鬼”に縁深い刀なのです。