ケイン

人類の進化における学説ダーウィンの進化論を以前より疑っています。
トバ事変とも呼ばれる“トバ・カタストロフ理論”という学説での遺伝子の多様性への疑問、そしてDNAに刻まれたかもしれない宇宙人の痕跡を考えてみました。


人類滅亡の危機、トバ事変とは?

多くの宗教や予言でも人類滅亡の終焉の日が語られます。
実は、我々現生人類であるホモ・サピエンスは、過去に一度絶滅の危機にありました。

今から約25万年くらい前に現生人類(ホモ・サピエンス)はこの地球上に突如現れました。
そして、今から約7~7.5万年前に、その事件は起こったのです。
インドネシア、スマトラ島にあるトバ火山が大噴火し、地球は火山灰による日光遮断の影響で太陽の光が届かなくなり気温も5度も低下。
寒冷化し、更に現在の歴史で1番最期の氷河期であるヴェルム氷期とも重なり厳しい環境に約1万年ほど耐えなくてはいけませんでした。

上空から見たトバ火山噴火時の想像図
出典:ja.wikipedia.org

この気候変動は凄まじいもので、ホモ・サピエンスの総人口が1万人にまで激減したと言われています。
1万人がどの程度かというと、大日本印刷の社員数くらいなので、大企業1社程度の人数なのです。


トバ火山噴火による人類進化への影響、トバ・カタストロフ理論

ボトルネック効果の例とも言われますが、簡単にトバ・カタストロフ理論を説明すると、一気に人類の総数が激減したことで、その後のホモ・サピエンスの遺伝子がこの少ない生き残った人数(1万人)を元に今現在の人類の多くに受け継がれている。
少ない人数を元に今の繁栄があるから進化の歴史において、遺伝子の多様性はここで失われたよね、と言うもの。
人類みな兄弟!というやつです。


ホモ・サピエンス以外と比べてみても奇妙な遺伝子の多様性問題。

当時このトバ火山噴火を経験したのは、現生人類(ホモ・サピエンス)だけではありません。
  • ホモ・エルガステル→絶滅
  • ホモ・エレクトゥス→絶滅
  • ネアンデルタール人→生き残った、だがその後絶滅
  • デニソワ人→生き残った、だがその後絶滅
ホモ・エルガステルと、ホモ・エレクトゥスは絶滅しました。
ネアンデルタール人と、デニソワ人(ネアンデルタール人に近い種族)はなんとかこの気候変動に耐えましたが、その後絶滅。
特に、ネアンデルタール人においては、たった2万年程度前まで生き残っていたと言われています。
その頃、トバ事変ほどの大きな気候変動はなく、原因もはっきりしませんが、とにかく絶滅。

なぜ同じ大規模な変動も体験し生き残ったネアンデルタール人が絶滅し、我々現生人類(ホモ・サピエンス)だけが生き残っているのか?

人類が1万人まで人口が激減したように、ネアンデルタール人の総人口も激減したはずです。
現生人類もネアンデルタール人も遺伝子の多様性が失われたはずです。
ですが、その後現生人類は人口を増やし、生き残り、ネアンデルタール人は人口が増え続けることなく絶滅。

“トバ・カタストロフ理論”的に、もし遺伝子の多様性がその後の進化や生き残りに重要な鍵だとすると、長い間繁栄してきたネアンデルタール人含め猿人しかりで、多様性こそ進化に必要なものだと言えますが、トバ事変により遺伝子の多様性を失った現生人類(ホモ・サピエンス)にはそれが適用されてないわけです。
遺伝子の多様性を失っても尚、繁殖し生き延びている。

こう考えても、現生人類とそれ以外には大きな違いがあるように思え、そもそもダーウィンの進化論に疑問が芽生えてくるのです。
そもそも遺伝子の多様性は必要なのか?


ダーウィンの進化論は真実なのか?

かねてより、ダーウィンの進化論、猿から人へ、は信じていません。
現生人類も、猿も猿人やネアンデルタール人もよく似た作りをしています。
例えば、頭蓋骨をネアンデルタール人とくらべても大きさが大きく異なりますがほぼ似たような作りをしているように見えます。

現生人類(左)とネアンデルタール人(右)の頭蓋骨の比較写真
左が現生人類、右がネアンデルタール人 出典:ja.wikipedia.org

元になったベースは一緒かもしれません。
ですが、それが進化の過程で少しづつ、もしくは突如変化し、“超自然的”に進化したかを管理人は疑います。


神に近づいた現代技術

遺伝子や細胞単位で現在人類は、動物や植物を操る技術を得れるようになっています。
テクノロジーの進化で、自然ではなく、人工的に生み出しているわけです。
その過程で、動物だと一般にはマウス“実験”などを行います。
遺伝子や細胞レベルの“実験”を生物に適用しているのは人類だけなのでしょうか??


宇宙人探査におけるDNAとミトコンドリア・イブ

もし、猿人もいない大昔の地球に、“何者か”がいて、もしくは、“何者か”が地球に来て、遺伝子操作による実験を施していたら?
“実験上”はこの地球、対象は猿。
猿をベースに、遺伝子操作で多様な種を作り、その過程で出来たのがホモ・サピエンスである現生人類ではないのか?

人類は子孫へや繁栄の痕跡としてなど、様々な形で歴史を今に残してきました。
エジプトのピラミッドだとか主に“石”に刻まれるものが多く、少し昔だと紙、今現在はコンピュータに依存するデータだったりします。

猿からまず作ったのが原人“ホモ・ハビリス”だとして、その後ヒト属の様々な種を“実験”により生み出した“何者か”が、自分たちの偉大なる痕跡を以後永遠に残そうと思った場合、人類が大昔やったように“石”に刻むか?
もし石に痕跡を残したとして、原人“ホモ・ハビリス”だと、約240万年も前ですから、当時刻み込んだ石なんて永遠に残るものかと言えば可能性が低い。
では、どこに自分たちの痕跡を残すか?
宇宙人探査において、その痕跡を我々のDNAやミトコンドリアDNAに探すプロジェクトが実際に存在しています。
DNAの配列の中には、特に意味のない物が数多く存在しており、それがメッセージなのではないか?とか。
特に疑わしいのは、“ミトコンドリア・イブ”の学説。
母親から子供に受け継がれるミトコンドリアの中にその痕跡が刻まれているのではないのか?
1人の女性からのDNAを現生人類が受け継いでいる可能性です。
何者かの“実験”により作られたのであれば、そのベースとなるモデルが実験における成功例であり、その痕跡(メッセージ)をミトコンドリアDNAに刻み今に引き継いでいるのではないか?と。


遺伝子操作実験の成功例?なぜか完璧ではない現生人類

もし、その何者かが大昔数々の実験を行い、ヒトという種における様々な種を作ったとして、失敗作はどうしたのか?
トバ火山噴火が原因であろうホモ・エルガステルと、ホモ・エレクトゥスは絶滅の原因がはっきりしていますが、その他の種に関しては“突如”絶滅しています。
ちゃんとした原因がわかっている種はいません。
失敗作として、排除された可能性もあります。

では、現生人類は、彼ら何者かにとっての成功作なのか?

もし、成功作といえるのであれば、テクノロジーを考えれば完璧なものを目指しそうです。
ですが、我々は完璧ではない。
病気になるし、個々においての知能差もあります。
つまり、当時の成功例ではあったものの、完璧な成功例ではなかったのかもしれません。

実験場であった地球からなんだかの理由で実験を途中で諦めなければならず、離れていってしまったのかもしれません。
その地球から離れなければいけない理由が、トバ火山の大噴火だった可能性はないでしょうか?
地球上を覆う火山灰が、宇宙から来た彼らのUFOの飛行に影響を与えたかもしれませんし、環境の激変を目のあたりにし、彼ら自体が住みづらく、地球の将来に不安を覚え、放置していってしまった可能性はないのか?
でもやはり気になり、戻ってきた所、思ったより人類は繁栄し、知能を付け、文明を作り、テクノロジーと呼べるレベルまで技術力を付け、彼ら何者かが現れにくくなり、現代にUFOなどにより実験経過の観察をしているかもしれないのです。


またトンデモ論ですが、進化論では埋めれない溝と、そもそも遺伝子操作において種が作られたのであれば“トバ・カタストロフ理論”に伴う進化における遺伝子の多様性の損失はあまり意味がなかったのではないか?と思うので書いてみました。
それにヒトという種の遺伝子操作実験を数万年もの時を使い行ってきた場合、それを行える何者かは必ず宇宙レベルでの寿命を得ているかもしれないと考えるとワクワクします。
宇宙の歴史において、地球なんてまだ出来て間もないレベルですし、相対性理論において時間は一定ではないことが証明されていますし。
タイムマシンがないので事実はわかりませんが、DNAレベルでその痕跡が見つかる日も来るかもしれません。