ドードー

飛べない鳥と言われ、今から300年前に絶滅したはずの幻の鳥“ドードー”が、映像として目に見える形で目撃されたかもしれない!!と話題になっています。
もしこれが真実なのであれば、世界的な大ニュースとなります。

出典:en.wikipedia.org


説滅した鳥“ドードー”

マダガスカル沖のモーリシャス島に生息していたドードーは、体長1メートルを超えるシチメンチョウよりも大きな体を持っていたと言われており、かなり大きな鳥でした。
更に、翼はあるが飛べない鳥でもあったため、捕獲が容易であり、大航海時代に発見されてからは主に食用として大量に捕獲され、更に人間の持ち込んだ犬や豚などのそれまでいなかった動物による生態系の変化の影響もあり、今から約300年ほど前、絶滅したと言われてきました。
絶滅後に、幻の鳥ドードーは、有名な小説「不思議の国のアリス」にも登場し、わりと世界中の人々に親しまれた絶滅種でもあります。

ところが、ここに来て生息していたモーリシャス島からかなり離れた南米で動いているドードーと思われる鳥の映像がYoutubeにアップされたのです。


ドードー?南米で撮影された衝撃の動画

深夜の中米コスタリカの森に設置されたカメラ。
そこに、ドードーと思わしき鳥が映っているのです。

最初、爬虫類と思われる生物の左後方に何かが動いています。

ドードー1

その動いている生物が右後方に移動。
確かに何かはわかりませんが、鳥が居る模様。

ドードー2

そして、ここからがすごい!!
その何かの“鳥”がカメラの正面を横切るのです。

ドードー3

ドードー4

ドードー5

これは本当に絶滅したはずのドードーなのか??

ドードーの絵と比べてみましょう。
出典:en.wikipedia.org

ドードー6

確かに、クチバシや頭の形などがドードーそっくりです。
もしかしたらもしかするかもです。
是非、動く動画を見てください。



もしこれが本物のドードーであるのなら、なぜ遠く離れた中米に生き残っていたのか?
1匹いるということは、他にも多数いるはずです。
幻の鳥が、300年の空白を経て蘇るかもしれませんね。